忌野清志郎「『よォーこそ』から始まった新時代」 #5

“青春の終わり”と“人生の始まり”を象徴する「ミュージシャンたちの27歳」に迫るコラム。今回取り上げるミュージシャンは忌野清志郎。"あの歌"を歌う前の「日本の有名なロックンロール!」という合言葉や、ド派手なメイク、エレクトリックなサウンドなど、現在知られる「新生RCサクセション」誕生のエピソードをお届けします。実は彼らの躍進の裏には、ひとりの女性の存在がありました。

1978年10月27日、東京・渋谷のライブハウス「屋根裏」で行われたRCサクセションのライブは、「よォーこそ」で始まった。

忌野清志郎は顔に薄っすらとメイクを施し、短い髪の毛をツンツンに立てていた。

冗談半分で化粧してステージに上がったら、スタッフなんかから大ひんしゅく買ってさ、「清志、ちょっとないんじゃない」って。

でもおれはおかまいなしでさ、ファン・サービスみたいなもんだよ。

どんどんエスカレートしてさ、髪まで逆立てて‥‥‥スプレーぶっかけてね。

その頃のRCサクセションは、ヒット曲もなければ仕事もないという日々が2年以上も続いていた。

もともとアコースティック・トリオだったバンドがエレクトリック志向を打ち出したのは、結成から10年が過ぎたこの年からである。

忌野清志郎は27歳になっていた。

その日、第二部のオープニング曲は、大胆なロックにアレンジされた「上を向いて歩こう」だった。

坂本九の世界的な大ヒットから10数年が過ぎた「上を向いて歩こう」を、忌野清志郎は「日本の有名なロックンロール!」と紹介して歌ったのだ。

※忌野清志郎さんがなぜこのように紹介したのか?仲井戸“CHABO”麗市さんにインタビューしてみました。そのときの記事はコチラです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ミュージシャンたちの27歳—青春と人生のクロスロード

TAP the POP編集部

伝説になるためには27歳で死ぬのが条件!? 27歳で他界したミュージシャンたちは「27クラブ」と呼ばれ、音楽界では伝説となっています。その伝説に苦しめられる若いミュージシャンたちが大勢いる一方、27歳が転機となった人もいれば、全盛期を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chiakitakasaki イラストがステキだ! 4年弱前 replyretweetfavorite

moeani Reading... 4年弱前 replyretweetfavorite

HatebuMusic “青春の終わり”と“人生の始まり”を象徴する「ミュージシャンたちの… 4年弱前 replyretweetfavorite

chieko_hk 27歳だったんだ…〜 4年弱前 replyretweetfavorite