PTAはワークライフバランスの敵なのか?

共働き家庭の憂鬱のタネである、PTA活動。「PTAは無駄が多くて女性の社会復帰の足かせだ」という意見も少なくありません。お子さんの小学校でPTA会長をつとめ、さまざまな改革をおこなった川上慎市郎さんも、その意見には否定できない側面があるということです。それでも川上さんがPTAを「組織」を見つめるうえで重要だと考える理由とは?

さる5月27日の夕方に行われた、ハフィントンポスト日本版の1周年記念イベント「未来のつくり方」に行ってきました。

イベントは、女性が働きやすくワークライフバランスの取れた社会をどうしたら実現できるかというテーマで、企業・政府・市民のそれぞれの立場からさまざまなスピーカーが話すというものでした。登壇者はキャロライン・ケネディ駐日米国大使をはじめ、経営コンサルタントの小室淑恵氏、ファザーリング・ジャパン代表理事の吉田大樹氏、P&Gジャパン執行役員の石谷桂子氏など豪華な面々でした。

イベントの最後にスポンサーでもあるP&Gの役員が出てきて、会社の話はほとんどせず石谷氏自身の子育てと仕事の両立について延々話しているにもかかわらず、「女性にこんな柔軟な働き方の機会を提供するなんて、P&Gってなんて素晴らしい会社なんだ!」と思わせるあたり、イベント全体が見事なネイティブ広告となっていて、さすがハフポと唸らされましたが、それはまた別の話。

今日はそのイベントの中で私がひっかかったある一言、登壇者の1人であるデンマーク人の著述家のイェンス・イェンセン氏がパネルディスカッションの最中につぶやいた「PTAってムダが多くて、女性の社会復帰の足かせですよね」というセリフについて、少し考えてみたいと思います。

「負担は平等に」が引き起こす社会的不平等

これまでこのコラムでさんざんPTAの効用を説いてきたので、読者の皆さんはきっと私が「そんなことない!」と反論するだろうと思われるかもしれません。

しかし、PTAに関する話をこのコラムで書き始めてから、何人かの知り合いにPTA絡みの相談を受けたりもしたのですが、そこで聞く限り、世の中の大半の学校のPTAというのは女性の社会進出やワークライフバランスの実現にとっての「敵」だ、と言われてもしかたがないのかなと考えています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tetsumi69 形骸化とかいう言葉が当てはまるような気がします。 4年以上前 replyretweetfavorite

KSKSKSKS2 "1人が複数の仕事を掛け持ちしたり、複数の人が1つの仕事を力を合わせて一緒にこなすといった働き方"がワークライフバランスには大事 4年以上前 replyretweetfavorite

ohjimsho 6/13金イベントに登壇いただく川上さん。問題は「〝大変なのに助け合えないこと〟では?」という指摘。なるほど!! /  4年以上前 replyretweetfavorite

R30 経営学的に見れば、やっぱり敵なんでしょうね、今は。でもそうじゃない組織もつくれると思ってます。 4年以上前 replyretweetfavorite