第31回】ザックジャパンは何にトライしているのか?キプロス戦から考える強化試合の観方

ワールドカップまで約2週間。清水さんは今、コスタリカ、ザンビアとの強化試合が行われるアメリカに滞在しています。試合後は、いよいよブラジルへ! 現地からのレポート、お楽しみに。今回は、強化試合の観方というテーマで、キプロス戦を振り返ります。ザックジャパンが『どこまで手の内をさらして』、『何にトライして』、そして『何を隠している』のか?

キプロス戦から見えた、本番のギリシャ戦のポイント

ブラジルワールドカップまで、のこり2週間を切った……!
直前に行われるザックジャパンの強化試合、キプロス戦、コスタリカ戦、ザンビア戦は、本番の対戦相手にとってもスカウティングの対象になる。つまり情報戦の色合いが濃くなるのだけど、とはいえ、そればかりを気にして、トライすべきことまで隠してしまえば、肝心の自分たちのクオリティーが上がらない。

この3試合は、ザックジャパンが『どこまで手の内をさらして』、『何にトライして』、そして『何を隠している』のか。そういう視点で僕は楽しんでいる。

まずは仮想ギリシャと呼ばれた、先日のキプロス戦。僕がもっとも印象に残ったのは『カウンター返し』だった。そのキープレーヤーは山口螢だ。

キプロスはギリシャ同様、守備をベースに組み立てられたチーム。組織的なディフェンス意識が高く、簡単に崩すことはできない。ただし、どんなに強固な守備を誇るチームでも、攻めるときまで守備ブロックを作るわけではない。ひとたびボールを持てば、守備ブロックが一度散開される。そこを突いて素早くボールを奪い返せばどうなるか…。

カウンターよりも怖い、カウンター返し。ペップ・グアルディオラも、相手のディフェンスを崩すための最もシンプルな方法は、相手にボールを渡すことだと言っている。そうすれば相手の守備ブロックは自然と崩れると。

キプロス戦ではボールを奪われると、最初の縦パスに対して特に山口が鋭くプレスをかけ、カウンターをシャットアウトした。それに終わらず、攻めに移る際に守備ポジションが乱れたキプロスの1~2秒の隙を見逃さず、すぐにカウンター返しに移っていく。

前半43分の内田篤人の決勝ゴールは、まさにそういうシーンだった。長友佑都から香川真司へのパスをインターセプトされたところで、すかさず山口が奪い返す。そこからパスをつなぎ、再び山口から柿谷曜一朗へ縦パス。柿谷のポストプレーをはさみ、本田圭佑が左サイドからクロスを入れると、クリアボールを拾ったのは……またも山口!

セカンドボールを拾うポジションが的確で、出足が鋭い。ときどき、バルセロナのブスケッツが山口に乗り移ったような気持ちになる。

そしてすぐに山口が岡崎慎司へパスを出すと、岡崎はさらにワンタッチで裏のスペースへ抜け出した香川へ。こぼれ球を内田が押し込んで先制ゴールを挙げた。

「ポゼッションの本来の姿」=カウンター返し

ギリシャがカウンターの得意なチームとするなら、ザックジャパンはキプロス戦で成功したような『カウンター返し』を仕掛けることができるか。本番はそこがキーポイントになると思う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
居酒屋サッカー論 ~誰でもわかる深いサッカーの観方~

清水英斗

「ボールだけを見ていても、サッカーの本当の面白さはわからない!」日本代表戦や欧州サッカーなどを題材に居酒屋のサッカー談義を盛り上げる「サッカー観戦術」を解説します。「サッカー観戦力が高まる」の著者、清水英斗さんによる、テレビ中継の解説...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

macerino あとで読むめも:" 4年以上前 replyretweetfavorite

strapontins なるほど〜。おすすめ〜。 → 4年以上前 replyretweetfavorite

karkshu 清水さんの見方はいつも参考になるし面白い。 4年以上前 replyretweetfavorite

sirota_teruhisa 蛍がポイント!清水さんと意見が一致した!分析は全然及ばないけど。 4年以上前 replyretweetfavorite