メランコリック

第4回 RIN on the stage アメとアマノジャク

生徒会に入ることを決めたリンとレン。いっしょに過ごす時間が増えて、リンとレンの関係にも変化が――?

Youtubeとニコニコ動画での動画再生数が360万回を超えるボーカロイド楽曲「メランコリック」が遂に小説化! 書籍発売を記念して、一部を公開します。

『メランコリック』動画はこちらから♪


『メランコリック』 作詞作曲:Junky


    2 アメとアマノジャク

【5月27日(水) 放課後】

 生徒会は、想像以上に忙しかった。
「レン。これの去年の資料ある?」
「ほらよ。あとこれも」
「ありがと」
 棚の高いところから引き抜かれた、少しほこりのついたファイルを二冊受け取る。
「あ、リン。部費の振り分け申請、できてるか?」
「できてるよ。これ一覧」
「おおっ。おっと、部長会の連絡も流さないとな」
「明日わたしがやるよ。その前に教室と備品おさえないと」
「オッケー。じゃあオレが行ってくる」  
 教室を出ようとしたレンの前、生徒会室の出入り口のところに、いつの間にかメイコ会長が立っていた。
「さっすが、元双子。息ぴったりじゃない」
「そ、そんなことないです!」  
 思わず否定してしまったわたしに、会長はいたずらに笑いながら、自分の仕事を始めた。
 レンが廊下へ出ていくと、入れ替わりにルカ先輩が入ってくる。
「ただいまー。あれ、リンちゃんどうしたの? 顔赤いわよ?」
「な、なんでもないですっ!」  

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メランコリック

ココロ直 /ちほ /Junky

「わたしは、きっと、こんなわたしが大嫌い。」 幼なじみのリンとレン。ある出来事がきっかけで中学時代にレンを避けていたリンだが、進学した奏丘高校でルカ先輩たちの誘いを受けてレンと共に生徒会メンバーになることに! 片想い中の相手に素直...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません