第19回】『小悪魔ageha』のインフォレスト倒産と、ストリートカルチャーの終焉

今回のテーマは『小悪魔ageha』を発行していたインフォレストの倒産と、一時代を築いたギャル雑誌『egg』の休刊について。このふたつの出来事をもって、「ギャル文化の終わり」と言われていますが、どうやらインフォレストの倒産にはまた別の事情があるんだとか。そして『egg』の休刊が示しているのは、「ギャル」に限らない社会の変化が影響していました。

2014年5月4週目の主なできごと
・東京五輪便乗する詐欺が多発 被害1億3千万円超(5月19日)
・羽生、名人戦4戦全勝で奪取 史上初3回目返り咲き(5月21日)
・8月11日「山の日」成立 2016年から祝日に(5月23日)
・国内のエイズ発症1年間で484人 過去最多に(5月24日)
・AKB握手会襲撃 メンバーら3人負傷(5月25日)

『小悪魔ageha』のインフォレストはなぜ倒産したのか

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) ギャル雑誌『egg』が5月31日発売の7月号で休刊しましたね*1
*1 ギャル雑誌「エッグ」が休刊- WWD japan .com

速水健朗(以下、速水) ヤンキー再評価的な流れがマスメディア的にある中、ギャルの終焉の声が聞こえてくるようになってる。そうか、先月は『小悪魔ageha』の版元であるインフォレストも事業停止して話題になったしね。けど、この問題「ついに出版不況がここまできた!」みたいな声も多かったけど、これ出版不況関係ないよ。もともとインフォレストは、ファンドが買収して、英知出版と部門を切り離してできた会社でさ。

おぐら 英知出版は『デラべっぴん』とかを出していた出版社ですね。

速水 そう。それでエロ本じゃない方の側がインフォレストになるんだけど。そこで持ちビルが売却されて、仕事のできるスタッフが放出されていった。そんな逆風の中で、編集長になった中條さんが個人のがんばりで『小悪魔ageha』をヒットさせたわけで。

おぐら 会社としては出版事業で儲ける気はなかったってことですか?

速水 買収したファンドとしては、少なくとも出版社として存続させるつもりはなかったんじゃない? 似た事例をいまはなき某スポーツ系出版社で見たことがあるけど、あれは不動産売却を目的とした半ば計画倒産的なものだと思う。できる人が離れていくタイミングとか、典型的なたたみ方だなって感じ。

おぐら 中條さんも退社の前後は特に、経営サイドへの不信感を示していました。よく言われている付録をつける問題が顕著ですが、雑誌の公式通販サイトも自分はやりたくなかったって。あれだけ『小悪魔ageha』でムーブメントをつくってきた超優秀な編集者なのに、それを会社のエースとして立て直しに起用するんじゃなく、結果として辞めることになったっていうのがその象徴かもしれません。

速水 出版社で失敗してるとこって不動産だったり、本業以外の理由が多いよね。出版事業自体は低リスク中リターンの事業なので、大半はそこまで大きな赤字にはならない。大手は別としても、中小の出版社は、たたむことはあっても、大負債を抱えるってまず考えにくい。

おぐら 話に出ている『小悪魔ageha』の元編集長の中條寿子さんですが、18歳のときに創刊された『egg』を読んで編集者を志したとインタビューで応えていました。「絶対にいつかeggを超えてやろうと思って編集者になろうと決めたんです」*2と。
*2「小悪魔ageha」編集長にインタビュー、世の中には「かわいい」か「かわいくない」の2つしか無い - GIGAZINE

速水 『egg』は1995年の創刊。この年は、ヤンキーからコギャルへの転換の年でもあった。中條さんは両方を知ってる世代のはず。

おぐら あの誌面を見て、私もギャルになりたい!とか雑誌に出たい!とかじゃなく、さらに先を見て編集者になりたい!と思ったっていうのが素晴らしいなぁって。出会ったのが18歳というタイミングもありますけど、それで本当に自分で雑誌を創刊して、影響を受けたギャル文化を発展させて大成功を収めるって、カルチャーの循環としてもすごく美しい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

oguraryuji 雑誌「FRUiTS」を読んでミルクボーイ着て原宿の遊歩道に座ってた青春の思い出も… “@cakes_news: ” 約4年前 replyretweetfavorite

Yutaka_Kasuga 心当たりあるわぁ〜→速水「出版社で失敗してるとこって不動産だったり、本業以外の理由が多いよね」ーー『小悪魔ageha』のインフォレスト倒産と、ストリートカルチャーの終焉| 約4年前 replyretweetfavorite

ikko_kana インフォレストの倒産ってファンドによる「不動産売却を目的とした半ば計画倒産的なもの」なのか〜 約4年前 replyretweetfavorite

fjtn_c めもんぬ 約4年前 replyretweetfavorite