メランコリック

第3回 RIN on the stage スキとキライ

「キミたち、うちの生徒会に入りなさい!」。生徒会長・メイコの突然の言葉に戸惑うリンとレン。どうする?!

Youtubeとニコニコ動画での動画再生数が360万回を超えるボーカロイド楽曲「メランコリック」が遂に小説化! 書籍発売を記念して、一部を公開します。
♪『メランコリック』動画はこちらから♪


『メランコリック』 作詞作曲:Junky

 事態を動かしたのは、ずっと静かになりゆきを見守っていたカイト先輩だった。
「会長もルカさんも、気持ちはわかるけど、少し落ち着きましょう。彼らも考える時間が欲しと思うし。ね?」  
 向けられた優しい視線に、わたしは小さく、でも何度もうなずいてしまった。  
 ぶはあ、と会長が大きく息を吐き、背もたれに身を預けて天井を仰いだ。
「まー、そうね。アタシもちょっと焦りすぎたわ。ゴメン」
「でも、きみたちが生徒会に入ってくれたらいいって思ってるのは僕も同じなんだ。レン君、リンさん、今すぐじゃなくてもいいからさ、よかったら前向きに考えてみてよ」  
 ようやく場の緊張が緩んで、わたしもレンも来週中に返事をするということで、約束をした。  
 レンは、何やら思うところがあるのか、あまり言葉を発していなかった。  
 思い出したように飲んだお茶は、すっかり冷めていて、さっき飲んだ時よりも苦く感じた。窓の外を流れる桜が目に入り、いつもと変わらない平凡な春だと思っていた朝の自分を思い返しながら、「エイプリルフールって、過ぎたよね?」なんてことを考えた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メランコリック

ココロ直 /ちほ /Junky

「わたしは、きっと、こんなわたしが大嫌い。」 幼なじみのリンとレン。ある出来事がきっかけで中学時代にレンを避けていたリンだが、進学した奏丘高校でルカ先輩たちの誘いを受けてレンと共に生徒会メンバーになることに! 片想い中の相手に素直...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません