話しやすい場」をつくる

「2時間の会議が1時間に!」「話がかみ合い、結論が出せる!」
会議の進行と合意形成スキルを凝縮した70ポイントで速習できる『ロジカル・ファシリテーション』(PHPビジネス新書ビジュアル)から、一部を公開します。 非効率で無駄な会議を生まれ変わらせるためのコツが満載です!

進め方の典型パターンを活用する

 進め方を設計するときは「最初にこれを話し合って、それを受けて次に……」と考えるのが基本ですが、毎度毎度一から考えている時間的余裕はないかもしれません。
 そこで、こんな話し合いのときにはこういう進め方!という典型パターンを知っておいて、進め方を設計するときに利用するとよいでしょう
 代表的なパターンのひとつは、なんといっても問題解決型
 ①何を解決しようとするのか?
 ②数ある問題の中でどれが深刻なのか?
 ③その深刻な問題を引き起こしている原因は何か?
 ④その原因を解消する打ち手は何か?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
図解「ロジカル・ファシリテーション」

加藤彰

「2時間の会議が1時間に!」「話がかみ合い、結論が出せる!」 会議の進行と合意形成スキルを凝縮した70ポイントで速習できる『ロジカル・ファシリテーション』(PHPビジネス新書ビジュアル)から、一部を公開します。 非効率で無駄な会議を生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません