進め方」を設計する

「2時間の会議が1時間に!」「話がかみ合い、結論が出せる!」
会議の進行と合意形成スキルを凝縮した70ポイントで速習できる『ロジカル・ファシリテーション』(PHPビジネス新書ビジュアル)から、一部を公開します。 非効率で無駄な会議を生まれ変わらせるためのコツが満載です!

進め方を構想する

 会議の進め方は、目標達成のためにどのようなステップを議論していけばいいかを考えて設計します。たとえば《今年の合宿の行き先を決める》が目標なら「まずは合宿の主目的を押さえ、次にいつ行くのかといった前提条件を確認し、そのうえでみんなの行きたい先を思い思いに挙げてもらって……」と考えるわけです。
 そして、それぞれを論点(問い)に落とし込みます。
 ①合宿の主目的は何か?
 ②前提条件は何か?
 ③どんなところに行きたいか? その理由は?
 ④……
 といった具合に“論点の時系列的並び”を作ります

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
図解「ロジカル・ファシリテーション」

加藤彰

「2時間の会議が1時間に!」「話がかみ合い、結論が出せる!」 会議の進行と合意形成スキルを凝縮した70ポイントで速習できる『ロジカル・ファシリテーション』(PHPビジネス新書ビジュアル)から、一部を公開します。 非効率で無駄な会議を生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません