心をつかむ「贈り物」

誕生日に、結婚祝いに、就職祝いにと、人生の節目に贈るプレゼント。相手に喜んでもらいたいと思う分、なにを上げるべきか頭を悩ませるものです。そんな悩みにヒントを貰える今回の林伸次さんのコラム。相手を喜ばせるだけでなく、印象を残すことができるプレゼントとはどんなものか。一緒に考えてみましょう。

「贈り物」の難しさ

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

bar bossaを開店したとき、以前、僕が働いていた会社の人たちから、すごく素敵なオブジェ風の時計を頂きました。おそらく「バーのインテリアにもぴったりだと思うから、置いてみて」という意味だったと思うんです。その時計、確かに素敵だったし、それなりな金額はしたのだろうとは推測できたのですが、お店には置いていません。

というのは、バーには「時計はない」からなんです。カフェには時計はあります。というのはカフェは日常だから、待ち合わせとか、ちょっとした休憩とかに使うため、時計が必要なんです。でも、バーは非日常なので、「時間のことなんて忘れてふたりの恋をお酒で高めて下さい」という意味で、時計はないんです。

でも、そんなことって普通の人はわからないですよね。その時計は僕の自宅で時を刻んでいます。「贈り物」って本当に難しいですよね。異性へのプレゼントも難しいですが、なにかの記念やお礼などに贈るものにも、みんな頭を悩ませているようです。ときどきbar bossaでもお客さんから「林さん、贈り物ってどうしてます?」って質問されます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GeeeeN2525  花はマジさいきょーでコスパも高いのになぜかみんなあげないよね。まあTPO間違うと悲惨な事にはなるけどさ。 3年以上前 replyretweetfavorite

umekida 女性には花が最強かー。わからんでもない。 3年以上前 replyretweetfavorite

shotayonezawa 誰に対してもプレゼントは毎回悩む。形が残らないものがいいっていうのはやっとわかってきた 3年以上前 replyretweetfavorite

mrmlmary 私はもらっても全くうれしくない。どーせ生けずに即捨てるし、捨てる手間が結構かかる。だけど、うれしいフリはするし、他のものよりもポイントは高い。この人、色々わかってるんだな、って思うから。 3年以上前 replyretweetfavorite