僕たちの足を引っぱる「ローマ字の呪縛」

日本人の英語学習の足を引っぱる要因のひとつに、「ローマ字」があります。Energy が「エネルギー」に、vitamin が「ビタミン」になってしまう。そしてローマ字に置き換える癖はなかなか抜けません。ローマ字ってそもそも必要なの? どうしたらローマ字の弊害を取り去れる?

 僕らが学校で最初に習うアルファベット、それはローマ字です。小学校4年生ぐらいの頃でしょうか? そして実はコイツが、かなり曲者なのです。例えば、中学1年で初めて英語に触れて、“You are my friend.” という文章に出会ったとします。この時点で知っているアルファベットといえばローマ字だけですから、みんなローマ字を介してこの英文の読み方を理解しようとします。そしたら you は「ヨウ」、are は「アレ」、my はよくわからないけど「ミャ?」、そして friend は「フリエンド?」みたいなことになってしまうわけです。

 ローマ字の問題点をいくつかあげてみましょう。

 まず、母音 “a i u e o” の発音を 「あいうえお」だけだという刷り込みがなされるのが、間違いの元です。だから、Energy が「エネルギー」とかvitamin が「ビタミン」みたいな和製英語が出来上がってしまうんです。また、発音からスペルを類推するさいにも、ローマ字が邪魔になります。「らりるれろ」を “ra ri ru re ro” と覚えてしまうのも、おおいに問題ありです。実際のところ「らりるれろ」は 、 “ra ri ru re ro” でも “la li lu le ro” でもありません。それからハ行を “ha hi hu he ho” とするのも、実は問題ありありです。そしてもうひとつ。y も子音としても母音としても扱われる文字なんですが、ローマ字から入ると、それも学び損ねます。

 「ローマ字と英語は別物!」 そういう区別が中学1年くらいですぐにつけられる子はいいでしょう。でも同じアルファベットであるが故に、混乱をきたす子もそうとういるはずです。僕もそのうちの1人でした。

 ハッキリ言いましょう。ローマ字を早期に覚えても、英語学習の害になるだけで、いいことなんてほとんどありません。さて今週は、このローマ字の呪縛を、少しばかり解いていきましょう。

英語の読み方をどうやって覚えればいいのか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith >|「使える英語」を手にしよう! https://t.co/siGZzepgQc 4年以上前 replyretweetfavorite

3rd_hole ローマ字英語は卒業だ!! 4年以上前 replyretweetfavorite

y_yt ローマ字の学習はいらないかも>松井博『最近ではローマ字を前倒して3年生に教えるらしいです。アホか!!! …うちの子たち、ローマ字を学んだことないけど、普通にローマ字入力しています。英語がきちんと入れば、そのくらいは雑作もないんです』 https://t.co/kwdnD5eRoM 4年以上前 replyretweetfavorite

miyataku1115 色々なものがクリアになった気がする。 4年以上前 replyretweetfavorite