コペルニクス・占星術・レオニドフ

今回の「新・山形月報!」は、山本義隆『世界の見方の転換』(みすず書房)、本田晃子『天体建築論』(東京大学出版会)の2冊を集中的に論じます。他にディヤン・スジック『巨大建築という欲望』(紀伊國屋書店)、アンドレイ・シニャフスキー『ソヴィエト文明の基礎』(みすず書房)、ミハイル・ブルガーコフ『犬の心臓』(河出書房新社)や『巨匠とマルガリータ』(河出書房新社、群像社ほか)への言及も。じっくりお読みください。

お久しぶりです。カンボジアからこんにちは。今回はすでにいろいろ出した予告を片付けていきましょう。というわけで、まずは山本義隆『世界の見方の転換』(みすず書房)の2巻3巻から。

そうそう、まず書いておくと、このシリーズ—『重力と磁力の発見』『十六世紀文化革命』と本書—はどれも三巻本で、しかもその3冊とも分厚いのでびびってしまうけれど、特に今回の『世界の見方の転換』では索引や参考文献が膨大にあるし、各巻には主要議論に関する幾何学的な説明が補遺として数十ページにわたりついている。だから、本文は見かけの厚みの3分の2くらい。思ったよりはやく読めるので、あまり物怖じせずに手に取ってほしい。

で、第1巻は千年以上も天文学を支配してきたプトレマイオスのモデルが、ドグマチックでいい加減な代物と思われているけれど実はそうではなく、データに基づいて自然を解析しようという精一杯の努力の結果なのだ、としたうえで、それでもそのモデルへの疑問が噴出してきたところまでだった。今回はそれに続き、第2巻のコペルニクスの話となる。

世界の見方の転換 2 地動説の提唱と宇宙論の相克
世界の見方の転換 2 — 地動説の提唱と宇宙論の相克

コペルニクスはもちろん、「コペルニクス的転換」といわれるように、天動説から地動説への一大転換をなしとげたというのが一般的な評価なんだけれど、一方ではそれをあまり評価しない声もある。運動は相対的なので、天動説でも地動説でも、実はそれ自体としては大きな差ではない。またプトレマイオスらと比べて、コペルニクスのモデルは、そこまでしっかりした説明を行ったわけでもない。だから大したことないんじゃないの、というのが批判だ。これに対しよく聞かれるのは、プトレマイオスの天動説モデルがツギハギを重ねて収拾がつかなくなっており、コペルニクスの地動説モデルはずっとすっきりしたものになっていて、その後改良の見通しもあったというもの。でも実はこれはかなり眉唾。

本書は、そこらへんの論争をかなりていねいに追って、コペルニクスの主張で何が重要だったのか、その背景に何があったのかについて明らかにする。基本的にはそれは、地球というのが特別なものではなく、天体の一つなのだという認識にあった。もちろん、各種の惑星などが、軌道上の何もないところを中心にさらに円軌道を描いているという、非常に気持ち悪い(といまのぼくたちに思える)周転円を使わずにすむ、という利点もあった。

でも、それもデータ的な裏付けがなければ、信念上の問題になる。重要なのはやはり、地上の(卑しい)世界と、天の(神に属する不変の)世界とが完全に分かれていて、別の法則に属しているという発想を一変させ、すべてが同じ法則にしたがっているという見方を導入したことだったそうな。その意味で、前回に少し触れたアメリカの小説家ヴォルマンの見方は正しかったわけだ。一方で、コペルニクスはデータを必ずしもきちんと解析してはいない。自分に都合のいいデータを取捨選択したり、古い不正確なデータを恣意的に使ったりしていることもこの巻では指摘されている。

そして第3巻。コペルニクスの見方を裏付ける大きな天文学的事件が起きる。彗星と新星の登場だ。それまで、天は神の領域で不変のはずだった。でも新しい星ができるというのはまちがいなく変化が起きているということだ。すると、天を特別扱いするのはまちがっているようだ。コペルニクスの見方のほうが正しいのではないか。しかも彗星の尾は常に太陽と逆方向を向いている。太陽が何か力を及ぼしているのでは? そうした認識の変化を背景に、登場したのがティコ・ブラーエとケプラーだった。これが第3巻の主人公二人となる。

ぼくには、このティコ・ブラーエの話が一番おもしろかった。ケプラーの伝記などを子供の頃に読むと、ティコ・ブラーエはケチな意地悪で、観測データをなかなかケプラーに渡さなかったエピソードでしか触れられていない。でもこの人は、貴族の出身ながらも実測データの重要性を確信し、各地の王様に取り入って、自分の島をもらってそこに君臨し、ものすごいお金をかけて、従来とは比較にならない精度の測定機器を作らせた人物で、ケチかもしれないがただ者ではない。そして、意地悪だったかもしれないけれど、ケプラーを自分の後継者として指名するだけの見識はあった。さらに、意地悪の結果としていちばんたちの悪い火星のデータをまずケプラーに分析させたことが、円軌道から楕円軌道への切り替えを強制させた。

だけど、このデータをきちんと調べ、それをすべて説明できるように理論を考えるというプロセスには、従来の天文学や物理学とはまったくちがう考え方がある。従来の科学—または自然学—は、何らかの理念があって、データはその理念を裏付ける限りにおいて使うだけだった。そもそもデータなどというもの自体が卑しく、えらい学者様はそんなものを自分で計ったりはしないのが常だったのだ。でもティコ・ブラーエやケプラーはまずデータを重視し、そのデータを説明するために理念を変えた。そして、もちろんそのデータは、楕円軌道を円軌道と区別できるだけの精度が必要だ。16世紀の技術は、それを可能にするだけの水準に達していた。

が……ケプラーも実は、現代から見ればずいぶん変な考え方を持っていた。実はかれもまた、あらゆるものには根本的な原因がある—そして原因の原因の原因、という具合に遡っていくと、それは神様に到達するという信念を持っていた。ケプラーにとっては、あらゆる惑星を動かす力が何か一つの中心から発しているという絶対的な信念があった。だから太陽を中心にあらゆるものが楕円軌道を描くというモデルが、ケプラーには説得力を持っていた。ケプラーの、宇宙のいろんな惑星が正多面体の組み合わせとしてモデル化できるとか、宇宙が何やら音楽的に理解できるとかいう面妖な思想は、オカルト好きな人には有名だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yoshinokuzu 山形浩生氏──「ケプラーが中国にいたら中国で科学が開花した、というものではないのだ。科学が持つそうした必然、西洋文明との連続性をあらゆるレベルで感じさせてくれるところに、この本の醍醐味はある」山本義隆著『世界の見方の転換』書評 https://t.co/iUuwgnWmw4 3年以上前 replyretweetfavorite

akira_isida  「天才が驚異的なひらめきや超人的な努力の結果、突然のブレークスルーを得て現代科学が成立したわけではない、というのがよくわかる。」 3年以上前 replyretweetfavorite

hilbert_d 【はてブ新着学問】 3年以上前 replyretweetfavorite