第11回】お金とうまくつきあいたいなら「支出のスパン」を意識しよう!

食費、家賃、通信費に交際費……生活するうえで避けられないのがさまざまな「支出」ですが、その内容により、お金を払う頻度はまったく異なります。やりくり上手になりたいなら、その支出のスパンを意識した管理が重要です。家計再生コンサルタントの横山光昭さんが語る、面倒なしに誰でもできる支出スパンの管理方法とは?

いつの間にか使いすぎているあなたへ

そんなに使っているつもりはないんだけれど、ついついお金を使いすぎている。

そう思ったことはないだろうか。家計簿をつけてもやりくりがうまくいかないと感じる人も多いかもしれません。自分ではやりくりを頑張っているつもりなのに成果が出ないとモチベーションも下がる。しかし、なにが原因かはなかなかわからず、悪循環におちいっている。

では、そんな人が見落としているのうまくいかない原因を別な角度から考えてみましょう。注目したいのが支出のスパン。どの支出も同じような期間のくくりでみていて大丈夫でしょうか。今回は「支出のスパン」をうまく意識してお金をやりくりする方法について紹介したい。

「支出のスパン」を意識しよう

支出のスパンというのは、ある費用について出費の発生する頻度、のことである。ほとんどの家庭では、メインとなる収入が月に1度ということが多いので、支出についてもどうも1か月単位で考えがちだ。しかし、これはよく考えてみると、大きな間違いである。

たしかに家賃や水道光熱費、保険料などは、1ヶ月ごとに請求が発生することが多く、支出のスパンも1ヶ月と考えておいて問題ない。しかし、税金の場合は年度末などにかかるものもあり、3カ月毎や1年毎というように、長期間を見越しての管理が必要となる。逆に食費や日用品などは日々の支出になりますから、1か月をスパンとみての管理では期間が長すぎて管理しにくい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
家計再生コンサルタントの本音

横山光昭

家計再生コンサルタントとして過ごした15年近くの日々。ファイナンシャルプランナーとしての一面を持ち合わせながら、借金だらけの家計から、貯金を作りたい・増やしたいという家計まで幅広くサポートしてきました。その経験から、感じたこと、考えた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

t_take_uchi お金とうまくつきあいたいなら「支出のスパン」を意識しよう!| 3年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden お金とうまくつきあいたいなら「支出のスパン」を意識しよう!| 3年以上前 replyretweetfavorite

asami935 お金とうまくつきあいたいなら「支出のスパン」を意識しよう!| 3年以上前 replyretweetfavorite

100nasu 同意! https://t.co/pc4SpIPttJ ⇒◆お金とうまくつきあいたいなら「支出のスパン」を意識しよう!| 3年以上前 replyretweetfavorite