選べない」という「女子力」

「いつまでも席を立とうとしない」「料理が選べない」などなど、男性から見てどうしても理解できない女性の行動ってありますよね。しかし、そういう女性が男性から嫌われると思ったら大間違い。ワインバーbar bossaでそういったシーンを何度も見てきた店主・林伸次さんが、「選べない女性」と「女子力」の関係について解き明かします。

本日更新された林伸次さん登場の「今日もかるく絶望しています。 」特別編もあわせてお楽しみください。

男性が理解できない女性の行動

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

男性にとって、とにかく理解できない飲食店での女性の行動というのが二つあります。

一つ目はこういうシーンです。

もう十分飲んだし、お腹いっぱい食べたし、会話もたっぷりしたし、「もうそろそろ帰ろうか」って男性が言い出します。すると女性が「あと一杯だけ飲みたい」とか「これ飲み終わるまで」とか「まだちょっとだけチーズが残ってるから」とか言って、どうしても席を立とうとしません。

男性の方がもうシビレをきらしてしまって、バーテンである僕に「お会計お願いします」と伝えてお会計をすませます。そして男性が立ち上がっても、何故か女性はすぐに立ち上がりません。なんだかんだと言ってもうしばらくいようとします。場合によっては、男性が先にお店を出てしまって、女性は「もう」とか怒ってしまうこともあります。

みなさんも経験ありませんか? お店でもかなり見かけるのですが、僕は男性なので、どうして女性はすぐに帰ろうとしないんだろうといつもいつも疑問に思ってしまいます。

そしてこういう瞬間に、女性にあわせて「いいよいいよ。この世界と時間は君のためにあるんだから、君の好きにしていいよ」という男性が女性にモテるというのもわかっています。

ある時、妻に「どうして女性って、お店にずっと居座り続けようとしてしまうんだろう?」と質問したところ、「うーん、楽しい時間がいつまでもずっとずっと続いていたいから」とのことでした。まあ楽しんでくれているようですから、男性も我慢しなければならないのかもしれませんね。

二つ目はこういうシーンです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yutosegoe |ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) 「選ばれる喜び」か…… https://t.co/ju7NwhPBEW 3年以上前 replyretweetfavorite

yamadanoima 選ばれる喜びかあ。。。〉 3年以上前 replyretweetfavorite

woodpine 女子力って、選ばれるチカラね。  3年以上前 replyretweetfavorite

woodpine 女子力って、選ばれるチカラね。  3年以上前 replyretweetfavorite