恋の数だけハッピーエンドがある

男性フェロモンを象徴する◯◯の香り

容貌や知性、財力など、さまざまな要素で異性をひきつけるハーレクインのヒーローたち。その魅力を際立たせるうえで欠かせないのが「香り」の表現です。彼らのセクシーな男らしさを表現するうえでよく出てくる、代表的な香りとは一体……?

【ハーレクイン豆知識:香り】

ハーレクイン小説では良く見かけるけれど、他の小説ではあまり見かけない表現……それが「アフターシェーブローションの香り」。作中ではセクシーな香りの表現として登場します。欧米諸国では、ヒゲを始めとする体毛は男性らしさの象徴と思われており、それを連想させるのが「アフターシェーブローションの香り」なのです。日本ではあまり理解できない感覚かも!?

【作品紹介】

『愛しあう理由』

離婚手続きのためにアテネへ来るように— 3年間、別居中の夫に呼びつけられたイザベルは、 怒りと悲しみを胸に、愛する男と対峙した。 巨万の富を持つギリシアの億万長者。 そうとも知らずに恋に落ち、結婚した愚かなわたしは、 傷つき、自信も気力も失って家を飛び出した……。 噂によると、彼は次の妻にふさわしい女性を見つけたらしい。 ところが夫はイザベルを見るなり、 燃えるようなまなざしで告げた。「離婚はやめにする」


レアンドロスはローブをはぎとろうとでもいうようにイザベルのほうへ近づいていった。彼女の目の色が濃くなった。その意味はわかっている。彼女のことならなんでも知っている。

もうたくさん! イザベルの五感が叫び声をあげた。彼の手が伸びてくる。

レアンドロスは彼女の指をローブから引きはがし、タオル地に顔をうずめて匂いを嗅いだ。

「な、何をしているの?」

「ぼくのアフターシェイブ・ローションをローブにかけたかどうか調べているんだ」

レアンドロスは頭を上げた。

「きみの匂いしかしないな」

ため息をつき、さらに近づく。

「いいかげんにして帰ってちょうだい」イザベルは不機嫌な口調になった。

「嘘つきめ。ぼくにローブを脱がせてもらいたいくせに。着ているものをはぎとられ、ベッドに投げだされたいくせに!」

イザベルは震えだした。

「まるで脅しだわ」

「違う」

レアンドロスは否定した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません