恋の数だけハッピーエンドがある

ヒロインに◯◯をプレゼント!?

モテモテなハーレクインヒーローたちの共通点といえば、女性への贈りものが大好きだということ。花束や指輪、洋服などなど定番のプレゼントだけでなく、あっと驚くようなモノやコトを贈るヒーローも……。

【ハーレクイン豆知識:プレゼント】

モテる男はプレゼントを欠かしません。ハーレクインヒーローは女性へ贈り物を送るのが大好き! 定番のプレゼントは花束、指輪、洋服…等ですが、変わったところではお城、自作の歌、下着、セクシーガウン、異国の言葉(直前まで集中レッスンを受けて話せるようになった)、実親との対面をプレゼントしたヒーローも。

『マイ・スイートガール』から、ヒーローがヒロインにとっておきのプレゼントを贈るシーンをご紹介です。

tiny present
tiny present / fazen

【作品紹介】

『マイ・スイートガール』

病室に現れたクィンを見てマライアは息をのんだ。彼に会うのは実に3年ぶり —遠い戦時下の異国で出逢った二人は、かつて体を重ねる仲だった。とはいえその行為は軍に属するクィンにとって、死と隣り合わせの日々からつかのま目を背ける手段。そうわかっていたマライアは愛を打ち明けられず、やがてクィンの突然の帰国で音信不通になっていたのだ。クィンは知人にマライアが怪我を負い帰国したと聞いたらしく、身寄りのない彼女を自宅に連れ帰るため迎えに来たという。最愛の人との思いがけない再会に心乱れるマライアだが……。


 ジェイムズが車から降りて手を振った。何か箱のようなものを抱えている。

 モーゼがデッキから飛びおりてトラックへ走っていき、しきりにタイヤの匂いを嗅ぎだした。

「よう、クィン! おまえが拾ってきたちび、だいぶ太ってきたな」

「ああ、よく食うからね。食えば太るのは世の道理だ」

 大食いの兄に、クィンは澄まして答えた。

「そりゃそうだ。ほら、今日は郵便配達人として来たんだ」

 クィンの意識が荷物に向いた。

「ぼくが注文した品だ。マライアを驚かせようと思って」

 ラベルを見て有名デパートの名に気づいたジェイムズは、にやりと笑った。

「こりゃあ、彼女、喜ぶだろうな」

 その大声にクィンは眉をひそめた。

「頼むからもうちょっと大きな声でしゃべってくれないか。きっとマライアに聞こえていないと思うんだ」

 さすがのジェイムズも申し訳なさそうな顔になった。

「うっかりしてたよ。悪い、悪い」

 クィンは兄の頭を小突く真似をして、荷物を取りあげた。

「どじだな、まったく」

 くそったれと言われなかったことにほっとして、ジェイムズはまたにこにこと笑った。そしてマライアが出てくると、手を振って彼女のほうへ歩きだした。

 すかさずモーゼが走ってきて、ジェイムズの前に立ちふさがるようにして吠え立てた。

「うわ!ずいぶん優秀な番犬を飼ってるな、マライア」

「モーゼ、お座り」

 マライアが言うと、子犬はさっと座って口の横から舌を垂らした。

 まるで笑っているような顔だった。

「何を持ってきてくれたの?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mirajapan 弊社35周年を祝してcakesさんで掲載いただいている〝35種類のハッピーエンド〟。MIRA文庫からは『マイ・スイートガール』登場です。 このプレゼントシーンは個人的にも大好きなシーンです(・_・。) https://t.co/MQ6HTIAA3s 4年以上前 replyretweetfavorite