貧乏パリジャンのお洒落「Les Fripes」とは?

パリといえば流行の最先端、最新ブランドファッションを身につけて全身キメた人たちが街を闊歩しているというイメージがありませんか? 中村綾花さんもパリに来た当初はそう思っていましたが、意外なことに地元のパリジャンはブランドものを身につけている人のほうが少ないのだとか。いったい彼らはどんなお店で服を買い、どんなお洒落をしているのでしょうか?

ユニクロ・ルックの私がパリジャンたちに声をかけられた理由

みなさん、パリコレもあるこの街にはchicシック(お洒落)なパリジャンたちであふれてると思うでしょ? 私もパリを訪れるまではそうでした。

初めてパリを訪れた時の私の格好は、ユニクロのパーカーにジーンズ&スニーカー。他のヨーロッパの国も訪問しつつの婚活旅行道中だったので、バックパッカースタイルでした。今考えると、婚活が目的なのに全然服装を考えてなかったですね(笑)。

道中の移動に便利なファッションを優先してしまった私は、お洒落なパリでこんな格好じゃパリジャンに笑われるのでは……とビクビクしていました。ところが、声をかけてくるパリジャンが何人もいたのです。

パリの直前に訪れたイギリスや、ナンパで有名なイタリアですら一切声をかけられなかったのに!!!

しかし、旅人の私はもちろん彼らがフランス語で何を言っているのか全くわからず……。ただ彼らの共通点を見るに、特にバイク乗りや自転車に乗っている人で焦っていた様子でした。

そう、道を訪ねられているだけだったのです。チーン。

私の格好がどうもパリにとけ込んでいて、パリジャンだと思われたようです。

パリジャンたちのファッションをよく観察してみると、ブランドのバックを持ってる人はほとんど見かけないし、若いパリジェンヌたちは毛玉だらけのカーディガンに、ボロボロの布鞄を肩からベローンと下げているだけでした。


端がほつれている服を着ている人もめずらしくない

実際、現在パリではユニクロが5店舗も進出し大人気。私のユニクロ・ルックがパリで馴染んでいたのも納得がいきます。

パリ移住後すぐさまフランス語学校に通い始めたのですが、このときも衝撃がありました。アジア人の生徒たちが、「ルイヴィトン」や「レペット」などパリの定番ブランドをこれ見よがしに身につけてお洒落を楽しんでいる人がいる一方、パリジャンである先生たちの洋服はノーブランドで着倒したものばかり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yucochafe バーバリーのコートを着たいけれど新品のハリ感が苦手、だから古着で探したら自分にピッタリのクッタリ感のバーバリーに出会えたという人がいた。古着を選択肢に入れるとおしゃれに幅が。そういう意味でもこの記事に注目。” 3年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan [今日まで無料] 3年以上前 replyretweetfavorite

koyuki_higashi パリ在住『世界婚活』の著者、中村綾花さんの連載。 3年以上前 replyretweetfavorite

west1124 これは良記事。回覧“@ayakahan: もうすぐ無料じゃなくなるので今のうちに!” 3年以上前 replyretweetfavorite