心のベストテン

新星、王道を継ぐ者、そして物語を更新する英雄[#4 SPRING 2014]

「バンドはどんどん進化している。それでいて、相変わらず<手の届かないもの>に思いを馳せ続けてるというのも素敵」なんて具合に、今回は、東京インディーの新星や尾崎豊のような王道を引き受けるアイコン、そして多くのアーティストに影響を与えた英雄まで、J-Popシーンの進化を追います。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典(しば・とものり)さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

これ、めっちゃいい! 何者?

「マジ!?」って慄いた!

柴那典の6曲目→「小さな巨人」ROTH BART BARON


「小さな巨人」ROTH BART BARON
2012/10/16UP 3,075play(2014/5時点)

柴那典(以下、柴) じゃあ、僕からは全く毛色の違う一曲です。最近大好きなバンドがあるんですけれど、ROTH BART BARONという東京出身の二人組。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 知らない……。

 『ロットバルトバロンの氷河期』というアルバムが出たばかりなんですけれど、そこからのMVはまだないので、これは一つ前の作品からの曲なんですが、この『小さな巨人』という曲が素晴らしい。

大谷 これ、めっちゃいいじゃないですか! 何者ですか、これ?

 僕も全然知らなかったんですけれど、実は去年から、「森は生きている」というバンド、「吉田ヨウヘイgroup」というバンドと一緒にライヴイベントをやったりしている。

大谷 なるほど。東京インディーだ。

 そうなんです。去年に1stアルバムをリリースした森は生きているを筆頭に、今、こういう独特の音楽センスを持ったバンドがインディーシーンで脚光を浴びている。


「日々の泡沫」森は生きている

 ジャンルで言えば「チェンバーポップ」という言葉が近いと思います。大所帯で、管弦楽器が入っていて、室内楽的な雰囲気のあるポップソング。ボン・イヴェールとかフリート・フォクシーズとか、その辺りの今のアメリカのインディー・ロックの人たちと並べて語られることが多いんですけど、どうやらROTH BART BARONの二人はそこには影響を受けていない。むしろ、ジュディ・シルとか、50〜60年代のフォークソングに影響を受けているらしくて。


「Crayon Angels」Judee Sill

大谷 へえ。どこで知ったんだろう。

 まだ若いし、どうやって知ったのか謎なんですよね。で、こないだ初めてライブを観てきたんです。センスはいいけど演奏やステージはどうなんだろうって思って。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

manaview 米津玄師の初ライブ、やり遂げた!そして素晴らしかった! - 山崎洋一郎の「トリプル編集長日記」 http://t.co/O8bJUmDzqM & 約3年前 replyretweetfavorite

shuko_b おんがくを聴こう。 || 約3年前 replyretweetfavorite

manaview お二人の音楽対談は熱と知性があって楽しい、古きと新しきを繋げようとしている感じも。 約3年前 replyretweetfavorite

manaview 「王道を引き受ける人の存在なんですよ。アイコンになれる、4番バッターを打てる人〜米津玄師は、ボカロシーンの中でそういう役割を引き受ける人になった」 約3年前 replyretweetfavorite