一故人

渡辺淳一 —かなわなかった「華麗な心中」

医療の世界から男女の狂おしい愛情まで、さまざまなテーマの作品を世に送り出した作家・渡辺淳一。『遠き落日』『失楽園』『愛の流刑地』など、その小説やそれをもとに映像化された作品に触れた人も多いことでしょう。彼の歩んできた生と、そしてたどり着いた死のかたちについて、ライターの近藤正高さんが綴ります。

STAP細胞・野口英世・渡辺淳一

2014年1月、理化学研究所(理研)の研究者らがイギリスの科学雑誌『ネイチャー』に発表したSTAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)の論文は、それからまもなくしてその内容の正当性をめぐり疑惑が持ちあがった。6月に入って、研究ユニットのリーダーがついに主要論文の撤回に同意し、『ネイチャー』側がこれを認めれば、研究は白紙に戻ることになる。

STAP細胞論文に対する批判には大きく分けて、使用した画像におかしなことがあるのではないかということに加え、実験が再現できないことの2点があげられた。

論文にもとづき、実験が繰り返し再現できなければ、その研究の根幹は揺らぐ。歴史に名を残すような科学者でも、実験の再現性が認められないがゆえに、その後、研究成果が否定されたケースがある。たとえば細菌学者の野口英世(1876~1928)は、梅毒病原体スピロヘータの純粋培養の成功により、一躍世界的に知られるようになったが、論文発表後、彼の方法で多くの人が追試を行なったものの、どれもうまくいかなかった。そのため現在では、野口のこの業績はほぼ否定されている。

作家の渡辺淳一(2014年4月30日没、80歳)は、札幌医科大学に在学中、細菌学の講義で野口英世の名が出てこないので不思議に思った。そこで先輩に訊ねてみたところ、「野口はねえ……」と軽く笑うだけだったという。渡辺が医学生だったのは1950年代だ。すでに当時から、医学界での野口の評価は微妙なものであったのだろう。

それでも、後年にいたるまで野口英世の伝記は児童書の定番であり、偉人中の偉人という地位は揺るがなかった。そんな野口に対し一種の偶像破壊を試みたのが、渡辺の長編小説『遠き落日』(1979年)だ。国内外での綿密な取材のうえ書かれた同作において、野口は勉学・研究に没頭する一方で、酒と女のため放蕩を繰り返し、誰彼かまわず借金に借金を重ねる。だが渡辺はけっして、野口の研究への真摯な態度と、だらしない私生活とを分けてとらえたりはしない。いずれも、東北の貧しい農家に生まれ育ち、しかも左手にハンディキャップを抱えていたがゆえの強烈なコンプレックスの裏返しとして描いてみせたのだ。そこにこそ、『遠き落日』の独創性があるといえる。

医学部に進んだのは女性にもてるから?

渡辺淳一は1933年、北海道空知郡に生まれた。10代の頃より文学への関心は高かったが、進学した北海道大学では文類のカリキュラムがいまひとつ充実していないとの理由から、しかたなしに理類を選ぶ。とはいえ、もともと理科系は苦手だったのが災いして、成績は低迷、教養課程から学部学科を選ぶ段にはほとんど選択肢はなかった。そこで、京都大学の文学部哲学科への編入をもくろむも、母から「哲学では食えない」と反対され、医学部への進学を勧められる。

《なるほど、理科系とはいっても、医学部なら人間をあつかうだけに、比較的文科系に近いような気がした。さらに、医学部の学生は女性にもてるらしいという噂も耳にしていた》(渡辺淳一『いくつになっても』

「女性にもてるらしい」から医学部に心を動かされたというのが、いかにも渡辺らしい。だが北大の医学部には、自分の成績ではとても進めそうにない。結局、北大医学部の受験とあわせて、札幌医科大学、それからまだ第一志望であった京大哲学科の編入試験を受けた。結果、唯一受かった札幌医大に入ることになる。卒業後の1959年には整形外科医で医師国家試験に合格。それでも文学への思いは断ちがたく、同人誌に小説を発表し続ける。女性たちとの派手なつきあいもこの頃から始まっており、結婚前には、のちの夫人と喫茶店で会っていたところへ、べつの女性が乗りこんできて、夫人を連れて逃げたという修羅場もあったらしい(『週刊文春』2014年4月3日号)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
一故人

近藤正高

ライターの近藤正高さんが、鬼籍に入られた方を取り上げ、その業績、人柄、そして知られざるエピソードなどを綴る連載です。故人の足跡を知る一助として、じっくりお読みいただければ幸いです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

l_mai_mai_mai 華麗な心中をなんていっていた 4年以上前 replyretweetfavorite

nishinojunji 成果を残すにはやっぱり自分の好きな事をつきつめるしかないのだ。 渡辺淳一の場合 : 「自分の本当にいちばん好きなことは「異性・女」だから、それを主要なテーマにしていこうと思いいたる。」 https://t.co/1xUsTeJ7Rp 4年以上前 replyretweetfavorite

donkou 「一故人」更新されております。今回は 4年以上前 replyretweetfavorite

hokkai7go 面白くて一気読みしてしまった。 4年以上前 replyretweetfavorite