第五章 不況の時代こそ起業のチャンス vol.2 不景気というチャンスを掴め

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の内容をcakesでもお届けします。今回は、「いつ起業すべきか?」「なぜその時期なのか?」という疑問にお答えします。(『会社に左右されない仕事術』より)

不景気は起業のチャンス  

 将来的には起業してみたい。自分の会社で、自分の理想とする仕組みで、誰の指図も受けず自分のビジネスをやってみたい。

 でも、さすがにそれは「いま」じゃないだろう。大企業でさえバタバタと倒れていくこの時代に、あえて起業する理由なんて見当たらない。起業するのであれば、バブルのように景気がとことん上向きになってからスタートしたほうがいいに決まっている。ひとまず、景気がよくなるまで我慢しよう。

 起業の夢を持ちながら、こんな思いから起業に踏み出せずにいる人は多いのではないだろうか。

  

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
会社に左右されない仕事術

三田紀房

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の一冊、『会社に左右されない仕事術』の内容を、cakesでもお届けします。はじめてのことばかりで悩む新...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード