世界一のレストラン出身シェフの店で、ハイパーメディアな食事会

Sumally代表・山本憲資さんが今回紹介するレストランは、「世界一予約の取れない店」として知られ、ドキュメンタリー映画まで作られたスペインの名店「エル・ブジ」で修行した店主のお店。最先端の調理科学や独特なもてなし方で知られた「エル・ブジ」と同じく、サービスも料理も驚きに満ちたお店です。ぜひ足を運んでみてください。

「エル・ブジ」出身シェフによる劇空間レストラン

ハイパーメディアクリエイターといえば高城剛氏。前職の雑誌編集者時代からお世話になっていて、まだ本国での発売前に、テスラ・ロードスターの試乗にシリコンバレーまでご一緒いただいたり、はたまた屋久島での皆既日食パーティでお会いしたりもう10年近くのお付き合いになる。そして4回ほど前のこの連載にも登場したLINE執行役員の田端信太郎氏。著作「MEDIA MAKERS」の頃からメディア野郎を(自他ともに)名乗っていらっしゃる方。メディア系の仕事の中でも特にハイパーなそんなお二人であるが、先日、某広告代理店の方が、そこに僕を加えた4人の食事会をセットアップしてくださった。なんだかんだでずっとメディアに携わる身からすると、このお二人と同時に食事するのはそりゃ面白いと思うにきまっている。

今回訪れた店は、池袋からそう遠くない要町の「81」。日本の国際番号からとったという店名、昨年のオープン、まだまだ新しいお店である。閉店するまで世界一名をほしいままにしていた「エル・ブジ」で、フェラン・アドリアの元、修行した永島シェフの”劇場型”のコースが味わえる。実は僕は、オープンしてまもないときに、店名にあやかってスタートアップをやっている81年生まれの仲間たちと訪れたことがあり2回めの訪問。そのときは貸し切りでみんなでばっちりタキシードでキメて、それはそれは楽しい夜だった。お店のインテリア、友人の家にきたかのようなオープンキッチンに面したテーブルが3つ、8席限定、開始時間は全席19時で統一、シェフの口上とともに入り口のシャッターが閉められる。さて、お料理のはじまりはじまり、である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hirarisa_ 81についてはこちらで取り上げられている(エアリプ) |フィットする晩餐|山本憲資 https://t.co/vUv0zxB3Ol 3年以上前 replyretweetfavorite