ソフトバンクの「いぬのきもち」

武田砂鉄さんのテレビ時評、今回取り上げるのはソフトバンクのCMでお馴染みの犬・カイくんです。2007年からお父さん役を務めてきたカイくんも10歳になり、先日すべての仕事から引退したことが発表されました。CMはお父さん役はカイくんの子どもに引き継がれるそうですが、なにごともなかったかのように入れ替わるその交代劇を、視聴者は当たり前のように受けて止めていいのでしょうか……?

犬・赤ちゃん・料理・占いは同じ処方箋

「早朝」のワイドショーから「朝」のワイドショーに切り替わる朝8時の数分前、日本テレビはイケメンに料理をさせ、TBSは赤ちゃんの写真を見せ、フジテレビは飼い犬を紹介する。その前後に用意される占いは、テレビ朝日も含め各局マスト。視聴者を引き離さないために考え抜かれたコンテンツがこれらだとすれば、犬・赤ちゃん・料理・占いは、同じ処方箋だと考えていい。だったら全部混ぜ合わせりゃ最強じゃんと、片手で飼い犬を引いた赤ちゃんが片手でフライパンを振りながら「獅子座のラッキーアイテムは、えっと、今日もオリーブオイルでしたっけ」なんて慌てふためく光景を思い浮かべてしまう。

ところで、犬・赤ちゃん・料理、このなかでもっとも長いコーナーは「めざましテレビ」の「きょうのわんこ」である。2014年5月13日現在、No.4612という回数を重ねている。人様のわんこが、起き抜けの不機嫌をほぐし、出がけの慌ただしさを一瞬だけでも落ち着かせてきた。

「あんだけ現場で働かせといてだよ、こんなふざけた人事異動があんのかよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taniyasuo かいくん、引退って・・・。本当? 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "子供だましの甘さを嫌ったやなせは、本当はしゃべらせても良かった犬を犬のままでいさせた。" http://t.co/U6bQPyL5vL 4年以上前 replyretweetfavorite

ko_kishi "時代設定を大正・昭和初期から現代に、舞台を東京からアメリカに変えるという「リメイク」の概念を限りなく拡張する手法で作られた。「柴又の寅さん」が「サンフランシスコのトミー」で映画化されたら誰かが怒るだろうが、犬なら誰も怒らない" http://t.co/U6bQPyL5vL 4年以上前 replyretweetfavorite

matomotei 全然関係無いケド、子供の頃、変身ヒーローものの最終回が放送された後、ワスだけでも主役の俳優さんを心の中で応援していこうって思ったよな… 4年以上前 replyretweetfavorite