ぼくがジョブズに教えたこと

最終回】一流のアイデアはどこで生まれるか?

「アタリ」創業者ブッシュネルさんのクリエイティブ組織論。今回のお題は「クリエイティブなアイデアはどこで生まれる?」。アタリを筆頭に、ブッシュネルさんが立ち上げた20社以上(!)の会社は、どれも超一流のアイデアが次々と飛び出す社風で有名です。今日はその一端をご紹介しましょう。さて本連載もついに最終回。少しでも皆さんのチームのお役に立てたならうれしいです。大好評の書籍版もぜひご一読を!(訳=井口耕二

ゲーム市場のシェア8割を穫った、前代未聞のアイデア

アタリが絶好調だったころ、コインを入れて遊ぶゲーム機の販売会社は、大手だけでも全米の各都市に2~3社ある状態だった。販売代理店は製品タイプごとに分かれていたが、ゲームメーカーは都市ごとに違う会社が独占していることが多かった。つまり、たとえばシカゴにアタリの代理店があったとして、別の代理店には、同じ製品タイプに参入したいと考える別のメーカーがついていることになる。

だが、どこも参入してこない。じゃあ、みずから自社の競争相手になろうじゃないかと我々は考えた。こうして設立したのがキーゲームスという会社だ。アタリの完全子会社なのだが、ライバルだと見えるように別会社としたのだ。

キーゲームスの営業担当には、各都市で2番目に力をもつ販売代理店に売り込みをかけさせ、ゲームを卸す契約を獲得するとともに、ゲームはアタリのエンジニアリング部門がもっていたものの半分をキーゲームスに移管した。キーゲームスの業績は順調に伸びていく。こうして、アタリとキーゲームスで80%もの市場シェアをつかむことに成功した。

このアイデアはどこで生まれたか

大成功したこのアイデアは、みんなでホットタブ※数人で入れる大きさの屋外バスタブに入っているときに出てきたものだ。ちょうど新しいマーケティング部長を採用したところで、天気もよかったことから、カリフォルニア州ロスガトスにある私の自宅の庭に置いたホットタブにみんなで入り、そこでマーケティングの問題を検討しようという話になったのだ。ホットタブはゆったりと落ちつく場所であり、ここからすばらしいアイデアがいくつも生まれた。

いま、同じことをするのは無理がある。ホットタブは1970年代の遺物だからだ。なにか別のやり方で同じ効果を得なければならない。なんでもいいと思う。

たとえば、人間の頭の働きに関する研究によると、歩きながら話をするといいアイデアが湧くらしい。身だしなみを整えながらという手もある。アルベルト・アインシュタインは、ひげを剃っているときにいろいろと思いついたらしい。だから、すごいアイデアを思いついたとき、びっくりして手が滑らないように注意しながらカミソリをあてていたというのだ。

ゲシュタルト心理学のヴォルフガング・ケーラーが1969年に語った有名な言葉がある。「創造性は三つのBで生まれる」というもので、彼は「乗り物(Bus)、風呂(Bath)、寝床(Bed)」の3カ所で創造的なアイデアが得られやすいとした。

(ちなみに、ケーラーは具体的な事例を思いえがいていたらしい。風呂はギリシアの哲学者アルキメデスが浮力を発見したところ、寝床はドイツの化学者フリードリヒ・アウグスト・ケクレがベンゼン分子の電子結合について洞察を得たところ、乗り物は数学者アンリ・ポアンカレが数学的な大発見をしたところである。)

私も部下も、この3Bですごくいいアイデアを思いついた経験が何回もある。それどころか、ただ場所を変え、いつもと違う環境で仕事をさせただけでクリエイティブなアイデアがいくつも出てきたりする。だから私は、社員を連れてスキーに行ったり海水浴に出かけたり、あるいはまた、山歩きに行ったりする。その体験から彼らがなにかを感じてくれるはずだと思うからだ。

チャッキーチーズ〔※著者が創業した北米の子供向け人気ピザチェーン。レストランと遊戯施設が融合した店舗形態で有名〕では、「ゲーム機で遊ぶには小さすぎる子どもへの対応が不十分だ、小さな子どもがぐずれば親は長居しないし二度と来店してくれない」と気づいたので、ボールプールのある遊び場を作ることにした。これはチャッキーチーズにとってとびきり大事な改善だったのだが、このアイデアが得られたのは、終日スキーを楽しんだあと、暖炉を囲んで雑談をしているときだった。

世界初の実用カーナビは、私のヨットの上で生まれた

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくがジョブズに教えたこと

ノーラン・ブッシュネル

ジョブズが「師」と仰いだ起業家、ついに語る。伝説のベンチャー企業「アタリ」創業者にして、ジョブズのメンターだったことでも知られるノーラン・ブッシュネル。そんな彼の初の著書『ぼくがジョブズに教えたこと』が、5/1に発売されます。「ジョブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suguruko 「創造性は三つのBで生まれる」「乗り物(Bus)、風呂(Bath)、寝床(Bed)」の3カ所で創造的なアイデアが得られやすい。 4年以上前 replyretweetfavorite

zhaoguoyuan 電車じゃだめか?創造性は三つのBで生まれる」というもので、彼は「乗り物(Bus)、風呂(Bath)、寝床(Bed)」の3カ所で創造的なアイデアが得られやすいとした。 https://t.co/ztgTvPTdPp 4年以上前 replyretweetfavorite

Shige_Onz マウスを捨てて外に出よう。クリエイティブなヒラメキは歩いていった先にある。 / 4年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 「場所を変え、いつもと違う環境で仕事をさせただけでクリエイティブなアイデアがいくつも出てきたりする。だから私は、社員を連れてスキーに行ったり海水浴に出かけたり、あるいはまた、山歩きに行ったりする。」 一流のアイデアはどこで生まれるか?https://t.co/eWUj5Ar4dO 4年以上前 replyretweetfavorite