ジム・モリソン「終わりの歌が放つ永遠の閃光」#4

“青春の終わり”と“人生の始まり”を象徴する「ミュージシャンたちの27歳」に迫るコラム。今回取り上げるミュージシャンは、元祖「27クラブ」のひとりであるジム・モリソン。ドアーズのボーカリスト・作詞家として活躍した彼が、23歳に書いた哲学的な詩の“The End”を伴奏に、彼の最期を振り返ります。

これで終わりだ、美しき人よ
これで終わり…ただ一人の友よ、終わりなんだ
自由は君を傷つける
君は決して僕にはついて来ない
その微笑みも、心優しい嘘も…これで終わる
僕らが死のうとした夜も…これで終わる
何もかもが、これで終わる

1966年、23歳のジム・モリソンが書いた別れの詩だ。

この翌年、ザ・ドアーズが発表したデビュー・アルバム『The Doors』のラストに「The End」として収録された。

約12分にも及ぶこの楽曲は、後にフランシス・F・コッポラの映画『地獄の黙示録』の挿入歌として使用され、強烈な印象を世界中に放った(ジムとコッポラ監督はUCLA映画学科時代の同級生だった)。

1971年7月3日。

ジムはパリの自宅アパートのバスタブで“終わり”を迎えたと言われている。

27歳の“謎の死”だった。

遺体の第一発見者は、恋人のパメラ・カーソン。

その年の春、ジムは詩作の環境を求めてパメラと共にアメリカからパリに移住してきたばかりだった。

“客死”として扱われ検死が行われなかったことから、「ヘロインの過剰摂取」と囁かれながらもその死因は未だ明らかにされていない。

3年後。

パメラもオーバードーズで“終わり”を迎えた。ジムの後を追うようにこの世を去った彼女もまた、27歳だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ミュージシャンたちの27歳—青春と人生のクロスロード

TAP the POP編集部

伝説になるためには27歳で死ぬのが条件!? 27歳で他界したミュージシャンたちは「27クラブ」と呼ばれ、音楽界では伝説となっています。その伝説に苦しめられる若いミュージシャンたちが大勢いる一方、27歳が転機となった人もいれば、全盛期を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TAPthePOP 【cakesにて連載中】ミュージシャンたちの27歳──青春と人生のクロスロード  23歳に書いた哲学的な詩の“The End”を伴奏に、彼の最期を振り返ります。 3年以上前 replyretweetfavorite