スティング「世界が変わった日」#2

“青春の終わり”と“人生の始まり”を象徴する「ミュージシャンたちの27歳」に迫るコラム。
今回取り上げるミュージシャンはスティング。当時、自身のバンド・ポリスはまったく売れず、失業保険と俳優業で妻子を養っていました。そんな彼が「人生で最も長い十分間」を味わったという27歳の誕生日。一体何が起こったのでしょうか?

27歳になったその日、世界が変わった。

1978年10月2日、スティングが27歳の誕生日を迎えた日のこと。

彼が商店に向かって思いきりビール箱を投げつけると、ウィンドウ・ガラスが派手な音を立てて砕け散った。

その日は早朝から映画『さらば青春の光』の撮影だった。

警官も入り乱れて100人以上のモッズとロッカーが対決するこの暴動シーンは、特に印象的な場面の一つだ。

小学校教師を辞めて以来、失業保険しか収入のなかったスティングは、妻と息子を養うため友人から紹介された俳優業を引き受けていた。

自身のバンド、ポリスは半年前にシングル「Roxanne」でデビューするも、セールス的に振るわず、音楽シーンでは無名同然だった。

午後4時に撮影が終わったスティングは、車と飛行機を乗り継ぎ、マンチェスターにあるスタジオに、文字通り飛んで向かった。

夜にはBBCの超人気音楽番組「ザ・オールド・グレイ・ホイッスル・テスト」でポリスの生ライブが予定されていたのだ。

この時のライブで、スティングは不自然なほど大きなサングラスをしている。

本番前にプラチナシルバーのヘアスプレーを誤って目に噴射し、眼球を火傷してしまったのだ。

偶然にもスタジオの隣が眼科だったためすぐに治療は済んだものの、目は真っ赤だった。

ベースを弾いて歌いながら、スティングはずり落ちてくるサングラスと必死で格闘していた。

そんな訳でスティングは演奏中に、しきりにクイッと頭を左上に振る仕草を見せたのだった。

スティングいわく、このライブは「人生で最も長い十分間」だったという。

収録が終わるとすぐさま、今度は寝台列車に乗って、再び撮影現場に向かった。

こうして、過密スケジュールの中、スティングの27歳最初の日は終わった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ミュージシャンたちの27歳—青春と人生のクロスロード

TAP the POP編集部

伝説になるためには27歳で死ぬのが条件!? 27歳で他界したミュージシャンたちは「27クラブ」と呼ばれ、音楽界では伝説となっています。その伝説に苦しめられる若いミュージシャンたちが大勢いる一方、27歳が転機となった人もいれば、全盛期を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TAPthePOP 【cakesにて連載中】ミュージシャンたちの27歳──青春と人生のクロスロード  当時、失業保険と俳優業で妻子を養ってたスティング。そんな彼が「人生で最も長い十分間」を味わったという27歳の誕生日のお話 4年弱前 replyretweetfavorite

ephthaltes これはかっこよすぎて、ずるい。こんな誕生日。/ まだ無名の新人だった| 4年弱前 replyretweetfavorite