俳優も林業家も「仕事へのプライド」がある人は魅力的

話題作にひっきりなしに出演中の、いま最も注目を集めている若手演技派俳優・染谷将太さん。5月10日公開の映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』では、未経験からいきなり林業の世界に飛び込む都会育ちの青年を演じています。これまではどことなく影がある役が多かった染谷さんですが、今作を経て、「林業家のかっこよさ」を痛感したそうです。

憧れの矢口監督作品は「縁がないかも」から

— 染谷さんが矢口史靖監督※1の作品に、前から出てみたかったというお話を伺いました。
※1矢口史靖:1967年生まれ。映画監督。脚本家。『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』『ロボジー』など、多数のヒット作品を手がける日本を代表する映画監督の一人。今回、『WOOD JOB!』のメガホンを取った。

染谷将太(以下、染谷) はい。矢口監督の作品は、とても「日本らしさ」がある映画だと思うんです。でも、ほかの作品に似ているところは全然ない。そこが魅力でした。ただ、さわやかな作品が多いので、内心「自分には縁がないんじゃないかな」と思ってたんですよ。なのでこの映画のオーディションを受けたときも、実は自分が受かるとはあまり期待していなくて。だから、主演に決まったときはすごく嬉しかったです。

林業家の方たちはすごくかっこいい

— ちなみに今回の映画は「林業」がテーマになっていますが、オーディション時にはすでにそのことは聞いていたんですか?

染谷 いえいえ、「映画を撮影するから、とりあえず来てください」とだけ言われていて。主演とは伺っていたんですけど、後から林業の映画だと知ってびっくりしました。

— 林業の知識とかは……。

染谷 全然ありませんでした。最初の頃は、現代の林業に対する知識がまったくと言っていいほどなかったので、「林業」と聞いたときにも木こりの人が斧を持って木を切っているイメージしか浮かばなかったぐらいで……。ただ、本物の林業家の方たちはすごくかっこよかったですね。

— といいますと?

染谷 林業家の方って木を育てていくのも仕事のひとつなんです。でも、1本の木を育てるのには数十年もかかるから、自分が育て始めた木が世に輩出されるのは自分の子どもや孫の代になることもあるんです。僕がお会いした林業家の方々は、そうやって世代を越えて木を育てて世に送り出していくことにものすごく誇りや美意識を持っていらして、見ていてとてもかっこよかったです。
 僕とは職業が違いますけれども、仕事にプライドを持っている人たちはやっぱり魅力的。刺激を受けた部分はたくさんありました。

(c)2014「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会

危険なシーンにもチャレンジしたい

— 作中は山中に入って大木を伐採したり、驚くほど高い木に登ったり、観ているこちらがハラハラするシーンも多かったです。

染谷 そうですね、危険なシーンが多かったです。今お話があった“高い木に登るシーン”は、杉の種取りのために伊藤英明さんと一緒に登る場面だったんですが、高さ30mはある木に登ったんですよ。ちなみにCG合成は使っていないですよ。

— えー! 落ちたらシャレにならないですよね!

染谷 最初は僕も合成を使うのかなと思っていたんですよ。でも、矢口監督が「実際に演技した様子を撮影する」という手法にこだわる方だったので。それに、僕も自分で実際にチャレンジしてみたいタイプなので、ワクワクもしました。チャレンジできるなら絶対にやるべきだなと思ったんです。

— 実際に登ってみてどうでしたか?

染谷 いや、もうひたすら怖かったですよ……(笑)。木の高さが5階建てのビルぐらいはありましたからね。いま思えば「すごいことをしてたな」と思います。ほかにもいろいろ危険なシーンがあったんですけれど、何事もなく終わって良かったです。

— 運動神経がいいんでしょうね。

染谷 いえいえ、そんなことはないですよ。最近は『寄生獣』※2という映画でアクションにも取り組んでいるんですが、やっぱり難しいです。
※2『寄生獣』岩明均の漫画。普通の高校生だった泉新一だが、ある日謎の生物に右手を寄生されてしまう、というストーリー。1988年から1995年に渡って連載されたが、現代でも根強いファンが多い。2014年に12月にPART1、2015年にPART2が実写映画化される。染谷さんは主演の泉新一役を演じる。


さらなるインタビューが、dmenuの『IMAZINE』でつづいています。
「何かを取り繕ったり無理したりはしない」染谷将太
ぜひこちらからお楽しみください。


執筆:藤村はるな、撮影:加藤麻希


(c)2014「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会

『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』
2014年5月10日(土)より全国東宝系ロードショー

監督・脚本:矢口史靖 原作:『神去なあなあ日常』三浦しをん(徳間書店刊)
出演:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明

dmenu

この連載について

初回を読む
イマ輝いているひと、染谷将太「“いましかできない役”を全力で楽しみたい」

染谷将太

話題作に次々と出演し、いま最も注目されている若手演技派俳優・染谷将太さん。5月10日公開の映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』では、未経験からいきなり林業の世界に飛び込む都会育ちの青年を演じています。しかし取材...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ketsunooo https://t.co/aViEq2udMS 染谷くんな~きゃわ~ 3年以上前 replyretweetfavorite

consaba #eiga #ウッジョブ 3年以上前 replyretweetfavorite

sumita_hiroki ヒミズ主演した染谷将太が、寄生獣の主人公役やるのか……! 3年以上前 replyretweetfavorite

koutarounakamat これから注目すべき俳優。本当に個性的でいい。素晴らしい。 3年以上前 replyretweetfavorite