クラシック祭、カレー祭

GWに開催されたクラッシックのお祭りにあたって、有楽町へと足を運んだSumally代表の山本憲資さん。コンサートの合間に小腹を空かせて向かったのは、門外不出のレシピを守る関西で大人気のカレー屋さん。さらにコンサートを堪能し、ミシュラン三ツ星シェフが監修するカフェのカレーパンを購入。そして終演後は、恵比寿のうどん屋でカレーうどんをチョイス。初夏の太陽とともにカレー三昧の1日をぜひ!

東京で唯一食べられる門外不出レシピのカレー

毎年、ゴールデンウィークに有楽町の国際フォーラム周辺で、クラシックのコンサートを3日間に渡ってやりまくる(なんと総計350本以上)「ラ・フォル・ジュルネ」というイベントが開催されている。今年で10年目の名物企画である。3000円から4000円くらいと、リーズナブルなプライスで高いクオリティのコンサートが聞ける機会とあって、即日完売のコンサートも多数。初日、僕は4つのコンサートを見てきた。ラフマニノフ、チャイコフスキー、ベートーヴェンというメジャーな曲目のあと、〆はピアニストのマルタ・アルゲリッチとヴァイオリニストのギドン・クレーメルの共演という文字通り夢というかマンガの様な組み合わせ。コンサート自体は通常より短めの1時間くらいの尺で、終了後1時間くらいあいてまた次の演目をみるというのを繰り返していくのだが、素敵な音楽を聞いていたところで、当然人間腹は減るものである。

国際フォーラムのパティオにはいつもよりたくさんの屋台が繰り出していて、それはそれで楽しいのだが(僕もビールとかソフトクリームを食べた)有楽町で1時間くらいでさくっと食べるものといえば、僕の中にはお決まりがあるのだ。そう国際フォーラムからすぐ、新東京ビル(TOKIA)地下にある「インデアンカレー」である。1947年に大阪に開業した老舗で、大阪を中心に関西には8店舗展開している(適度な規模の)超人気チェーン店である。お水などはアルバイトのおばちゃんがサーブしてくれるのだが、ごはんをよそいルーをかけることができるのは正社員のみ。そしてレシピは門外不出というのが徹底されており全国展開は難しいという話を聞いたことがある。そしてこれまた噂ではあるが、奥田民生が広島からのツアーの帰り、ここのカレーを食べるために新幹線で帰京、大阪で途中下車して食べて帰るという話も。長らく関西にしかお店がなかったが、2005年前述TOKIAのオープンとともに東京に開業。福田和也氏、小山薫堂氏あたりの食通の面々もお気に入りに挙げるほどこちらでも人気店となっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matomotei 全然関係無くもないケド、あんまし正面切って称賛されてるトコを見たコトが無いケド、日本の食品会社のカレールー(こくまろカレーとか)はスゲー偉大な発明だよな! 4年以上前 replyretweetfavorite

sadaaki この記事のおかげで、今日のお昼はカレーにするしかなくなりました。 4年以上前 replyretweetfavorite