東電社員殺人事件が見せた「女の闇」

「女」について語るうえで見逃せないのが、「女性犯罪者」たちへの世間の関心です。昔は女性犯罪者に興味を持つのは男性たちが多かったのですが、最近は女性たちもまた女性犯罪者を語るようになったと、深澤真紀さんは指摘します。その転換のきっかけは一体どこにあったのでしょうか。
深澤真紀さんの新刊『日本の女は、100年たっても面白い。』から第1章の内容を特別掲載していきます。

横領して愛人に貢いだ……「女性犯罪者」への関心

「女が女を語る」時代になったもう一つの理由は、「女の闇」を語る女たちが増えたからだ。

女性犯罪者への視線も同じように変わった。

1981年(私は中学生だった)、三和銀行の女性行員だった伊藤素子が1億3000万円を横領したことが大ニュースになった。横領した金額が大きかったことだけではなく、彼女が愛人男性に貢ぐために横領に手を染めたこと、さらに彼女が美人であったことで、多くの男性たちが興味を持ったのだ。

このように、女性犯罪者に興味を持つのは男性が多かったものだが、女性たちもまた女性犯罪者を語るようになっていく。

1982年に同僚のホステスを殺害して、美容整形を繰り返しながら逃亡し、1997年に逮捕された福田和子。1998年の和歌山毒物カレー事件で死刑宣告を受けた林真須美。

彼女たちの容姿や生き方などに、共感や反発などを覚えながらも語る女性たちが増え始めてきた。

そして、2009年に発覚した首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗こそ「女性が語る女性犯罪者」の象徴だろう。

「あの容姿でなぜ、あんなに多くの男性を騙すことができたのか」などと、木嶋について語る女性たちは多い。

そして、木嶋についての記事は、女性の書き手たちによって書かれることが多いが、語り手の女性の自我が反映されているために、語られる木嶋像はバラバラなのである。

「東電社員殺人事件」で時代が変わった

かつて女性が関わる犯罪に興味を持つのは、男たちだった。

それが決定的に変わったのは、1997年に起こったいわゆる「東電OL殺人事件」である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本の女は、100年たっても面白い。

深澤真紀

青鞜、モガ、オヤジギャル、だめんず、負け犬、こじらせ女子――ここ100年ほどだけでも、さまざまな名前をつけられてきた女たち。“草食男子”の名付け親・深澤真紀さんが私的に偏愛する「面白い日本の女」を紹介しつつ、女たちがいかに抑圧から解放...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません