女の「賞味期限」は延びている

女たちが女性の"賞味期限”を延ばそうとしてきた結果生まれたのが「美魔女」ブーム。「おばさん」「BBA」と呼ばれないようにという女性たちの努力は「美婆」「40代女子」「キャラット」などという新語を生みながら、さらに加速しています。
深澤真紀さんの新刊『日本の女は、100年たっても面白い。』から第1章の内容を特別掲載していきます。

おばさんから「美魔女」へ

キラキラ系女子は、女性の「賞味期限」を延ばしてきた。その象徴が「美魔女」だ。

女性誌「美STORY」(光文社、現在は「美ST」へ改称)による造語で、35歳以上でも、「魔法をかけたように美しい」という意味で名付けられたものだ。さらに2010年には、「国民的美少女コンテスト」を実施してきたオスカープロモーションと組んで「国民的美魔女コンテスト」を開くことで、認知度を上げた。

「アンチエイジング」ブームも長く続いており、いまどきの多くの中年女性は「おばさん」と呼ばれることを嫌がり恐れる。「おばさん」が蔑称になった大きな原因の一つが、80年代後半に堀田かつひこの漫画『オバタリアン』(竹書房)で、世間に迷惑をかける中年女を揶揄して「オバタリアン」と名付けてヒットしたからだ。中年男性は「おじさん」だけではなく「おやじ」という呼び方もあるが、中年女性にはそれに対応する呼び名がないことも大きいだろう。一方では、今のテレビのバラエティ番組で若い男性芸人たちが「熟女」好きを公言することもあり、「アラフォー」「アラフィフ」の女性たちはバブル時代から今でもメディアの話題から降りることはない。

年齢を「キャラット」にたとえる

女優の川島なお美が「私は女性の年齢をダイヤモンドにたとえて48歳なら48キャラットと表現しているの。40キャラットより50キャラットのほうが輝きが増すのよ」と、10年以上前から発言していたのだが、最近になって「40代女子」「美魔女」ブームの後押しもあって、話題になっている。

「私の血はワインでできている」に並ぶ、川島なお美の名言がこの「キャラット」だろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本の女は、100年たっても面白い。

深澤真紀

青鞜、モガ、オヤジギャル、だめんず、負け犬、こじらせ女子――ここ100年ほどだけでも、さまざまな名前をつけられてきた女たち。“草食男子”の名付け親・深澤真紀さんが私的に偏愛する「面白い日本の女」を紹介しつつ、女たちがいかに抑圧から解放...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tyataro 浮世絵も海外にわたり、ロリータとかゴスとかもわたり、写真集みたいなので原宿で撮影されたものをまとめたのを、海外で発売されていたり世界的に見ても独特の文化風習感が面白いかと… ヤマンバとか海外で流行ったらすごいなぁと思うけど笑 http://t.co/DHFle9M72C 3年以上前 replyretweetfavorite