林真理子が描いた「女の欲望」

女性作家の林真理子さんは、82年に出版された処女作『ルンルンを買ってお家に帰ろう』以降、多くの女性の共感を呼ぶ作品を発表してきました。林さんをはじめ、歌手の松任谷由実さんや作家の吉本ばななさん、俵万智さんなど、80年代に登場し、時代を牽引した女性クリエイターたちの共通点とは?
深澤真紀さんの新刊『日本の女は、100年たっても面白い。』から第1章の内容を特別掲載していきます。

「女の時代」のスター 林真理子

上野千鶴子と並ぶ「80年代・女の時代のスター」であり、「アグネス論争」のきっかけの1人となった林真理子は、80年代を代表する女性作家だ。

若手女性コピーライターとしてすでに注目されていた林は、1982年に刊行された処女作のエッセイ集『ルンルンを買ってお家に帰ろう』(主婦の友社)が50万部近いベストセラーになったことで、一気に有名になった。

彼女がこの「女性の時代」の寵児になった理由は、「女性の本音を赤裸々に描いた」からだ。

「ルンルン」のまえがきでは、他の女性が書こうとしない「ヒガミ、ネタミ、ソネミ」を、あえて「言葉の女子プロレスラー」となって書き、これまでの「キレイキレイエッセイ」をぶっこわすと宣言し、それが多くの女性たちに受けたのだ。

このベストセラーでメディアでの露出が一気に増え、フジテレビの初代キャンペーンキャラクターになったり、雑誌ではヌードにもなって、男性向けのメディアにバッシングも受けたりと、とにかく話題の中心であり続けた。

さらに小説を書き始め、1986年には「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞、さらに見合結婚ののち、不妊治療で出産して、仕事とプライベートの両方で〝女の成功〞を手に入れたのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
日本の女は、100年たっても面白い。

深澤真紀

青鞜、モガ、オヤジギャル、だめんず、負け犬、こじらせ女子――ここ100年ほどだけでも、さまざまな名前をつけられてきた女たち。“草食男子”の名付け親・深澤真紀さんが私的に偏愛する「面白い日本の女」を紹介しつつ、女たちがいかに抑圧から解放...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

maiko3727 「他の女性が書こうとしない『ヒガミ、ネタミ、ソネミ』」、このへんがちょっと清少納言と通じるかなあ。百年どころか千年たっても変わらないと思うのよ日本の女は。 約2年前 replyretweetfavorite