地元発、身の丈にあった泥臭いまちづくり

岩手県大船渡市の街・越喜来(おきらい)は、震災直後から大きな絵を作ったり公園やゲートボールを作ったりと、少し変わった復興を遂げてきました。ボランティアとして越喜来に関わり、その経過を見続けてきた写真家・中村紋子さんは、その独自の復興から何を感じ取ったのでしょうか。ひとりのボランティアとして、写真家として、越喜来の人たちへの想いを語ります。

独自の復興を遂げてきた越喜来の魅力を伝えるために、写真家・中村紋子さんを中心にクラウドファンディングサービスを使った「潮目」写真集の出版プロジェクトが進行中です。ぜひご協力ください!
岩手県越喜来にある不思議な建物「潮目」の写真集をつくりたい!


ボランティアだって楽しませる、おもてなしの心


片山和一良(かたやま・わいちりょう)さん

— 中村さんはどういった経緯で潮目と関わり始めたんですか?

中村紋子(以下、中村) 2011年の5月に、当時一緒に仕事をしていたデザイナーの子がボランティアで越喜来に行ってたんです。その子が戻ってきて、「すごいおじさんがいるから絶対会った方がいい! 友だちになれるから!」と言われて。そりゃ行かないと! と思って越喜来に行きました。

— 初対面の印象はどうでした?

中村 これだ!って感じでした(笑)。おもしろいことをする人のオーラを感じたと言いますか。これから何かしそうな気配のする人でしたね。震災後ってみんな現実的で、公園を作ろうなんて考える人はなかなかいなかったんですよ。東京とかから来た人がそういうことをやるのは分かるんですけど。現実的な話もするんだけど、公園作るとかゲートボール場作るとか、そういうほうにボランティアを巻き込むっていう考えの人って初めてだった。

— なるほど、そうかもしれませんね。

中村 普通は、意識が復興に向いてしまうと思うんです。けど、片山さんはボランティアに来た人たちを地元の名所に連れてったりおいしいもの食べてもらったりと、なるべく楽しんで帰ってほしいという気持ちを持ってるんです。そこは他の人たちと一線を画していて、クリエイターっぽいと思ったなあ。

写真家じゃない、1人の人間として震災と向き合う

— それで中村さんが、写真家として片山さんや「潮目」を撮りたいと思い始めたわけですね。

中村 んとね、そうでもない。

— え、なかったんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新しい復興のかたち—被災地で見つけた不思議な建物「潮目」

中村紋子

岩手県越喜来(おきらい)市には不思議な建物があるらしい――。東日本大震災の爪あとを色濃く残したその場所に、子どもと老人をつなげ、外からやって来る人と被災者をつなげる不思議な建物「潮目」はあります。越喜来で建設業を営む片山和一良さんの発...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

ayaconakamura Cakesの記事。越喜来で写真を撮ることの意味。/ 4年以上前 replyretweetfavorite