第二章 あなたが知らない「仕事の真実」vol.1 仕事とは何か?

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の一冊、『会社に左右されない仕事術』の内容を、cakesでもお届けします。今回からは、"あなたが知らない「仕事の真実」"と題して、仕事の本質について考えていきます。

小手先のテクニックで満足するな

 会社に勤めて3年も経ってくると、必ず「もう仕事はわかった」だの「これ以上学ぶことはない」だのと、生意気なことを口にする人間が出てくる。

 たしかに仕事の流れは理解した。いくつかめぼしい成果も挙げたかもしれない。後輩もたくさんでき、上司から口やかましく叱られることも減って、主任クラスに昇進した人だっているだろう。

 しかし、そこで理解できたのはせいぜい作業のこなし方であって、けっして「仕事そのもの」ではない。

 仕事とはなにか、人は仕事になにを求めているのか、どんな条件が重なったとき人は動くのか。これら仕事の本質を理解しないまま「これ以上学ぶことはない」と高をくくっているから、壁にぶつかってしまう。目標を見失い、やる気をなくし、ミスを連発して会社を辞めたくなってしまう。

 これは、中途半端に優秀な人ほど陥りやすい落とし穴だ。

『エンゼルバンク』6巻より(©三田紀房/講談社)『エンゼルバンク』6巻より(©三田紀房/講談社)

 そこで本章では、小手先のテクニックではない仕事の本質、仕事の極意について考えていくことにしたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーニング

この連載について

初回を読む
会社に左右されない仕事術

三田紀房

まちがいだらけの転職市場、ビジネス事情にメスをいれ、多くの社会人を叱咤激励した漫画『エンゼルバンク』。そのエッセンスを凝縮した副読本の一冊、『会社に左右されない仕事術』の内容を、cakesでもお届けします。はじめてのことばかりで悩む新...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード