ぼくがジョブズに教えたこと

第4回】「安直な反論」を封じる、たった1つの冴えたやりかた。

「アタリ」創業者ブッシュネルさんのクリエイティブ組織論。今回はぐっとプラクティカルに「建設的な会議の進めかた」をご紹介しましょう。新しいアイデアが出ると、必ずイチャモンをつける人っていますよね。それが生産的な結果を生むならいいのですが、往々にして「言ってみたいだけの反論」だったりするから困ったもの。誰も幸せにならない、そうした「反論もどき」を封じる効果てきめんのテクニックとは?(訳=井口耕二

反論は「書面」で出させよ!

実業界では、毎日、本当にクリエイティブなアイデアがたくさん切り捨てられている。もったいない話だ。コンセプトの足腰が弱ければ、それを基礎としてしっかりした明日を作ることもできない—優れたアイデアがなければ望む未来は得られないのだ。だから、いいアイデアが切り捨てられないようにしなければならない。

実はこれ、わりと単純な方法で実現できる。反論を書類にするよう求めればいい。口頭で否定するのは簡単だ。新しいアイデアを示されてなにかいわなければならないと感じたとき、まずまちがいなく、ほめるよりけなすほうが楽である。人というのはそういうものだからだ。イエスよりノーのほうがいいやすいのだ。

だから、反論は書類にさせる。誰が書いたのかわかる形で批判すると、その否定的意見に対して責任を負わざるをえない。その案件はうまくいかないと主張したことが記録に残るからだ。

最終的にその案件が実施され、成功した場合、否定した人には先を見通す力がなかったことになる。だが、口頭で否定しただけなら、聞きまちがいだろうとか、誰か別の人の意見を伝えただけだとか、なんとでもいい逃れができてしまう。

バカが「ノー」と言いたがるわけ

創造性を高めるには、社内でノーといえる方法をなるべく少なくしなければならない。だが、たいがい、企画の成否を左右する力をもつ人ほど論理的に分析しない。批判に対しても責任を負わなければならない仕組みにすれば、そういう人も気軽に批判できなくなる。

反論を書面にすることには、もうひとつ利点がある。回覧ができるので、ほかの社員の意見を追加していけるのだ。具体的になるのもいい。たとえば最大の問題点がコストという場合、その数字を書くためにはそれなりにきちんと評価しなければならないし、そういう数字が出てくれば、発案者が具体的に反論することも可能になる。

つまるところ、反論をすぐ口にする場合、あまり深く考えていないことが多いのだ。口を開くことが大事で、正確であることには重きが置かれていないからだ。これに対し、書面を作るとなると、きちんと分析してなにがいいたいのかをきっちり説明しなければならない。

クリエイティブなアイデアはこうして出させよ

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくがジョブズに教えたこと

ノーラン・ブッシュネル

ジョブズが「師」と仰いだ起業家、ついに語る。伝説のベンチャー企業「アタリ」創業者にして、ジョブズのメンターだったことでも知られるノーラン・ブッシュネル。そんな彼の初の著書『ぼくがジョブズに教えたこと』が、5/1に発売されます。「ジョブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

void_No3 え、理由って『バカだから』の一言で終わるような;) > 『バカが「ノー」と言いたがるわけ』 そういえば、iPhoneが出たとき『こんなのは売れない。失敗するに決まってる』と言ってた人も記録に残ってるだけでもけっこういるなあ;) https://t.co/JlLOemRPyT 4年以上前 replyretweetfavorite

neubee 皮肉なのは、有害な3人が3人とも、高い役職に就いていたことだ。残念ながら、創造的ではないが社内政治に長けている人がいる。 / 「安直な反論」を封じる、たった1つの冴えたやりかた。| 4年以上前 replyretweetfavorite

e_rewhon ブッシュネル『反論を書類にするよう求めればいい。…ほめるよりけなすほうが楽である。…創造性を高めるには、社内でノーといえる方法をなるべく少なくしなければならない。…反論をすぐ口にする場合、あまり深く考えていないことが多いのだ。>https://t.co/jFDV31xRIH 4年以上前 replyretweetfavorite

Singulith 「まず、自分がすごいと思う自社製品とこれはだめだと思う自社製品をリストアップしろ。それがすんだら、製品ごとに、どうすればもっとよくなるのか、あるいは、だめな製品についてはどうすればだめでなくなるのかも書くように」 https://t.co/tWv16dVZVQ 4年以上前 replyretweetfavorite