唐突ですが、TRFのSAMを考えます

今回の「ワダアキ考」はTRFのダンサー・SAMを取り上げます。なぜ今、SAMなのか。今取り上げるならビッグダディとかオバマ大統領の方がいいんじゃないのか。実際に時事的な理由はなにもないのですが、どうしても武田砂鉄さんがSAMについて言いたいことがあるそうです。そこまで言うのなら、武田さんのSAM論、ぜひ聞いてみようじゃないですか。

2014年春、SAMを考える必然性

「SAMって、安室と別れた後くらいから一切年取ってない感じがしますよね。逆に女性ダンサーのETSUとCHIHARUって、前からずっと年取ったままですよね。いずれにせよ、あの5人、ずっとキープしてます。もしかしたら不老不死ってTRFのことなんじゃないかと思って、だとすると不老不死って、そんなにいいもんじゃないのかもしれませんよね」。 こうして編集担当に、次回取り上げるのはTRFのSAMでどうでしょうとメールしたところ、しばらくして「ビッグダディあたりでどうでしょう? ピンとこなかったらSAMでもいいですけど……」とあまり気乗りしない返事がきた。今現在、芸能界に佇む誰よりもビッグダディにピンとこないので、これはどうやらSAMで書き進めていくしかないのである。

ただ者ではないが大物ではないTRF

TRFは見た目のカロリーが高い。しかし、内面というか思考のカロリーは高くない。近年の安っぽいミュージシャンがUSBに入れて常にコピペできるように持ち運んでいる「親しみやすさ」「等身大」といったアイテムは内蔵されていない。かといって「イージードゥダンス! フォー!!」は、ひたすら脳天気に乗り切っていたバブル臭を引きずっているわけでもない。あのハイテンションを維持・管理し続けられるのはなぜなのか。冷静に俯瞰してみると、この5人組には戦隊ヒーローが必ず用意する「正統派の赤」「おっちょこちょいな緑」「チャーミングなピンク」といった役割分担がなく、各々が自由に「ただ者ではない」とだけ思わせるオーラを発し、長年そのオーラを漂流させてきたことに気付く。ただ者ではないが大物ではない、と言おうか、それぞれがそれぞれで培養してきた見た目のカロリーの高さでロングランを続けてきたのだ。その年輪が、ここ最近のTRFからは風格として滲むようになり、テレビで見かけるたびにじっくり眺めてしまうのだ。

ビューティーに向かわないアンチエイジングがある

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

smart0401 またもや的を得ていて腹がよじれる笑“” 4年弱前 replyretweetfavorite

kohitsuzi 全体で何か収穫はないけど、フレーズフレーズいい。この前の三十路カラオケの締めはTRFメドレーでした。 4年弱前 replyretweetfavorite

kayomushi この前のEXILEと対になっているのね。1990年代と2010年代のヒットダンスグループの対比が面白い 4年弱前 replyretweetfavorite

nogu_t どうしても紹介したかったのです 4年弱前 replyretweetfavorite