ダジャレ翻訳、アダム・スミス、近代科学誕生史

ギジェルモ・カブレラ=インファンテ『TTT』(現代企画室)、アダム・スミス『道徳感情論』(日経BP社講談社学術文庫ほか)、山本義隆『世界の見方の転換』(みすず書房)と重量級の本を論じます。連休の読書にいかがでしょうか? また、次回以降に紹介予定の本田晃子『天体建築論』(東京大学出版会)、アンドレイ・シニャフスキー『ソヴィエト文明の基礎』(みすず書房)、残雪『最後の恋人』(平凡社)も期待大ですね。

いきなりですがこれまでさんざん予告してきた、ギジェルモ・カブレラ=インファンテ『TTT』(現代企画室)を読み終わりましたよ。この本みたいなことば遊び系の翻訳ものは、なかなか伝わりにくいしどうかな、と思ったんだけれど、おもしろかった!

TTT: トラのトリオのトラウマトロジー (セルバンテス賞コレクション)
TTT: トラのトリオのトラウマトロジー (セルバンテス賞コレクション)

とはいっても、人生の教訓とか、泣けますとか、愛と悲しみとか、ストーリーのカタルシスとかを求める人には向いていない。ある世界の縮図をそのまま投げ出したような、ゴミ箱をひっくり返したみたいな混乱—でもそれが完全に無関係な混乱ではなく、だんだん相互に関連するような混乱—をかきわけたい人、ときどき理由もなく雑踏の中に身をおきたい人、そんな人におすすめの小説。キューバの歓楽街の、踊り子から客から犯罪者からナンパねらいの記者や評論家から政治家やビジネスマンや、作家にマダムに司会者にあれやこれや。それが主に、いろんな言葉として耳を通じて重層的に炸裂する、とでも言おうか。

それは必ずしも頽廃的な資本主義批判とか、金持ちによる貧乏人搾取の糾弾とか、華やかな喧噪の中にいる人々の孤独と疎外の描写といった意味があるわけではない(が、そういうのを読み取るのは自由)。むしろカブレラ=インファンテ自身、その場に強く魅了されているし、そこに胎動するものこそ、よい面も悪い面も含めて文化の活力だというのを理解している。

全編、ダジャレまみれで日本語にするのは無理という話も聞いていたんだけれど、翻訳もいい感じ。ダジャレを駆使せねばならない訳はときに、ジェイムズ・ジョイス『フィネガンズ・ウェイク』(河出文庫)の柳瀬尚紀みたいに、ダジャレ方面ばかりに気を取られて、苦しい翻訳になってしまう場合が多々あるんだけれど、無理せず、それでも読みながらニヤリとできるレベルは保っていてお見事だと思う。原文がどの程度のものか見ていないので、決定的な判断はできないんだけれど(英訳と比べようと思いつつ果たせておりません)。

訳者の寺尾隆吉は、ここしばらくラテンアメリカ小説やその解説で立て続けに大活躍で、各種小説の意義や文学史上の位置づけについての説明もきわめて明晰。本書の解説も、とても有益。中でもびっくりしたのは、カブレラ=インファンテがいろいろ歯に衣着せない物言い連発で、他のラテンアメリカ作家に結構ハブられているというお話。そういうもんかねえ。カルロス・フエンテスもつれない扱いをしているそうな。

ふーん。でもその一方で、先日ちょっと触れたフエンテスの『Terra Nostra (我らが大地)』の最後で歴史が終わるパリに集結している人々の中には、先日他界したガルシア=マルケスの傑作『百年の孤独』のブエンディーアやドノソの驚愕の怪作『夜のみだらな鳥』(まもなく復刊されると聞いているので、出たらここでたっぷりお話します)のウンベルトなどと並んで、『TTT』からもキューバ・ヴェネガスが出てきている。本書が、かつてブームと言われた時代のラテンアメリカ小説ではずせない代表作なのはまちがいないし、フエンテスも、人間的にはどうあれ、小説としての価値は認めないわけにはいかなかったんだろう。騒々しいわいざつな都市小説が好きな人は是非。ぼくもまだ一度しか読んでないので、もう一回くらいは読まないと……

さて、ぶあつい本が続いて恐縮なんだけれど、お次はアダム・スミス『道徳感情論』。スミスはもちろん『国富論』で現代経済学の開祖とされる人なんだが、当人は『国富論』よりもこの『道徳感情論』を自分の主著だと考えていたそうな。その改訳版が、この一年で二種類出た。

この本の翻訳は長いこと岩波文庫のものしかなかったんだが、実に壮絶な代物だった。アマゾンのレビューで罵声が並んでいるのも当然のできで、それ以前の60年代に未来社から『道徳情操論』なる題名で出ていた邦訳のほうがはるかにまともという情けない状態。各種翻訳の参考文献でも、ぼくはこの『道徳情操論』のほうをメインの邦訳として紹介してきたほどで、このままだったら、いつかぼくがやってもいいぞと思っていたんだけれど、気にしていた人たちは他にもいたようで、ほぼ同時に新訳版が二種類出たのはすばらしい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takagiy https://t.co/vdTxWdKwPK 山形浩生さんによるインファンテ『TTT トラのトリオのトラウマトロジー』(通称『トラトラトラ!』。嘘です。)の感想。ワタクシも今読んでいる本を読んだら読む予定。 4年弱前 replyretweetfavorite

sanukimichiru https://t.co/EKv1b1OUhV  山形氏の記事(いまだけ無料) 4年弱前 replyretweetfavorite

agyrtria そうか『道徳感情論』は新訳が二種類出てたんだ。こりゃ日経BP版でいいかな⇒ 4年弱前 replyretweetfavorite