劣等感でつぶされそうなあなたへ

劣等感って誰しもが持つ感情です。決してそれが悪いわけでもない。でも、気をつけないと、競争の無限ループへとあなたを引き入れる怖いものです。どうやって劣等感と付き合えばよいのか、そんなことを考えてみました。

 まだ、アップルで社内政治に明け暮れていた頃のこと。僕は、なんだかいつも疲れきっていました。長時間労働だったし、注目される会社でそれなりに責任のある立場だったし、おまけに他言語で毎日社内政治だからかと思っていました。でも振り返ってみると、なんか当時のあの疲労感の原因は、もっと違うところにあったような気がする今日この頃です。

偶然いい仕事をしたあの頃
 僕は、2002年にアップルジャパンから本社へ転属しました。そして、渡米直後にiPod Miniの開発に関わることになったのです。アップルで秘密プロジェクトに関わると、普段とは全く違った指揮系統に組み込まれて仕事をするはめになったりします。直属の上司さえプロジェクトの内容を知らされません。そんなこと、支社では絶対にあり得なかったので本当に驚きでした。こうして僕は、ひょんなことから副社長と直接仕事をする機会に恵まれたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

munehisawada なるほど。。。って思わされた。。。 4年以上前 replyretweetfavorite

7chicman 社内政治とか権力争いとかよくわからんけど、自分の声が届くとこで働きたい。対等な社会がいい。 4年以上前 replyretweetfavorite

1990yucchan 愚直って世界で一番難しいスキルかも 4年以上前 replyretweetfavorite

kotaro_boo ぼくはこんなに頑張れていないけど、なんかすごいささるね。中間管理職を楽しもう 4年以上前 replyretweetfavorite