負けを知ると強くなる

bar bossa店主・林伸次さんのコラム連載、今回は林さんがお店によくいらっしゃる作家さんから学んだ「負けを知る」ことについてのお話です。なにかビジネスのアイデアがあっても、いまの仕事や生活を考えるとなかなか一歩を踏み出せないもの。そんな人たちに贈る、林さんからのメッセージです。

アイデアがあってもやらない人

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

東京の渋谷という場所でバーテンダーをやっているせいか、広告代理店とかIT関係とかマスメディアの人とかが集まり、「こういうイベントを思いついたんだけど」とか「こういうインターネットのサービスっていけると思いませんか?」とか「こういう面白いアーティスト集団がいるから紹介できるような会社を設立したいんですけど」といった相談をよく受けます。

僕は人が何かを新しく始めるというのがとにかく好きなので、「やればやれば。だったらこういう人がいるから紹介しますよ」といった感じで強く勧めるのですが、結局はほとんどの方が動きません。本当に実行に移すのは50人に1人くらいです。

どうしてやらないのかなあと考えてみると、こんな理由からのようです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

3rd_hole PRESIDENTに載っていましたね! 約4年前 replyretweetfavorite

show6volta 何度も負けるだけの根性と根気がないと…ってお話。身につまされます 約4年前 replyretweetfavorite

toiimasunomo これは、明らかに文才のある方に本を書くことをすすめてきた、私の実感でもあります。《本当に実行に移すのは50人に1人くらいです。》 約4年前 replyretweetfavorite

abgk はっきり「負けた」って経験が大事。 約4年前 replyretweetfavorite