最終回 資産運用の本質

連載20回を迎え、最終回となった今回のテーマは、資産運用の本質ともいえる世にあふれる情報の正しい読み方です。 具体的な数字を挙げられると、どうしてもそれに流されてしまいがちですが、 「名目」上の数字のウラに隠された「実質」を正しく見極めることが大切です。 みなさんが正しい判断をして、 “カモにならずに”資産を守られることを願ってやみません。(『いきいき』2013年8月号より転載)

今回でこの連載も最終回です。そこで、金融市場を考えるうえでもっとも大切なことをお話ししましょう。それは、外見ではなく中身で判断する、ということです。

どれだけ外見が美しくても、性格に問題があればうまくいかないことは誰でも知っています。「ボロは着てても心は錦」という歌があるように、なんの変哲もないものが実は魅力的だったりもします。金融市場でもこれは同じで、外見のことを「名目」、中身のことを「実質」と言います。

銀行預金の金利が5%と0%ならどちらがいいでしょうか。ほとんどのひとは金利が高いほうを選ぶはずですが、実はこれだけでは判断できません。インフレ率がわからないからです。物価というのは、簡単に言うと生活コストのことです。年率10%のインフレだと、今年300万円で生活していたひとは翌年には330万円かかります。このとき、生活の原資になる銀行預金の金利が5%だと、300万円は1年後には315万円にしかなりませんから15万円足りません。これを、「実質金利はマイナス5%」といいます。

それに対して2%のデフレだと300万円の生活費は294万円に下がりますから、ゼロ金利で貯金の額が変わらなくても、手元に6万円残っているはずです。このときの実質金利は2%で、インフレで実質金利がマイナス5%の時よりずっと得です。



実質金利は、次のような単純な引き算で計算できます。

実質金利=名目金利マイナス(期待)インフレ率

金利は名目ではなく、インフレ率で調整した実質で判断しなければならないのです。

為替レートも名目と実質がある

「2007年には1ドル=120円だった円の為替レートは、2008年のリーマンショックで1ドル=100円を切るまで高騰し、東日本大震災後の11年秋には1ドル=76円台の『超円高』が日本経済を襲った。アベノミクスがそれを円安に“正常化”し、製造業の利益が回復して株価が上昇した—」というのが常識になっています。

しかしこの説明は、ほんとうに正しいのでしょうか? 金利と同様に、為替レートにも名目と実質があります。1ドル=100円として、日本で100万円の軽自動車がアメリカで1万ドルで売られていたとしましょう。アメリカのインフレ率が年率5%なら5年後の軽自動車の値段は約1万3000ドルで、このとき為替レートが1ドル=100円のままだと円建ての価格は130万円です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
カモにならずに自分のお金を増やす方法

橘玲

人気作家・橘玲さんが、独自の視点で金融市場、マネーのカラクリを解き明かす連載です。クールにお金について考えるための最適なレッスンとなるでしょう。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ak_tch Cakesに「カモにならずに自分のお金を増やす方法 約4年前 replyretweetfavorite