漢文法基礎(加地伸行)後編

二畳庵主人こと加地伸行『漢文法基礎』評後編です。ある特定の世代に参考書として読まれ、それが今渇望されて復刊した稀有な書籍です。漢文を学問として学ぶことだけでなく、漢文から日本語への理解も深めてくれる本書ですが、finalventさんはさらにその先にある本書の意義を見据えます。漢文から見えてくる日本人の知性の原点とは?

日本語をより深く理解するための「漢文」

漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)
漢文法基礎 本当にわかる漢文入門 (講談社学術文庫)

「城春草木深」の書き下しはこれで終わりではない。漢文は、読点と訓読が深く関連している。例えばここで「皆」をひらがなにするなら、「人みな其の非を知る」と読点が不要になる。

「人、みな、其の非を知る」と書く方が、かえってわかりにくいことにもなりかねない。だから、読点を入れることが、必ずしも読みやすくするための絶対条件ではない。主として、漢字同士が並んで、区切りがしにくいときに活用するべきものであろう。とすると「皆」を「みな」とするように漢字をひらがなにすることは、読点を入れることと密接な関係にあるということになる。このことをさらに突っ込んで考えてみよう。

 ここから漢文のひらがなの書き下しについて議論される。

とすると、書き下し分において、A〈必ずひらがなで書きにしなくてはならないもの〉と、B〈ひらがな書きにしたほうが読みやすいもの〉という二つのものがあることに気づくであろう。

 かくして本書では、漢文の学習はAをまず先行して学ぶというという議論になる。この規則と問題提起は、漢文に限らず、現代日本語にも当てはまる。現代日本語でも、「皆」といった漢文的な表現に由来する語の多くがひらがなになるため、上手に使うと読点を制御できる。現代日本語を書く現代の日本人が、読点やひらがなの書き分けを考えるなら、漢文の書き下しの仕組みまで射程を広めるとよい。むしろ、それこそが大人を含め現代人が漢文を学び直す意味の一つともいえる。

 さらに、漢文は現代日本語と繋がりが深い。漢文の読み下しがその骨格になっていると言ってもよい。当然、骨格を知ることで表現が上達する。

 このことは現代日本語の成立からも理解できる。現代日本語、特に書き言葉は、欧米語の翻訳文から影響を受けて成立した。それは柳父章『近代日本語の思想−翻訳文体成立事情』(法政大学出版局)なども指摘しているし、丸谷才一『文章読本』(中公文庫)にも示唆がある。近代の翻訳文を可能にしたのが、漢文書き下しの仕組みであったことは多くの議論を要さない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード