楽しい毎日のつくりかた

朝ごはんを3倍速くてうまくする

「毎日をより良く、より楽しく過ごすためのワザ=ライフハック」を紹介するメディア・ライフハッカー[日本版]の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をまとめてお届けしている本連載。今回のテーマは「朝ごはん」。一日の活力をスピーディーかつデリシャスに生むレシピをまとめました。

こんにちは、ライフハッカー[日本版]編集部です。前回は「新人が忘れてはならない8の心がけ」をお届けしました。新人のみなさん、新たな環境には慣れることができましたか?

さて、今回のテーマは「朝ごはん」です。朝がニガテ、あるいは面倒で、つい抜いてしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし、より良い仕事や暮らしのためにも、朝からエネルギーを補給するのは大切です。これまでに紹介してきたTipsから、特に朝ごはんづくりに役立ちそうなものをピックアップしてみました。

ある日の朝食をハックしてみた

「血糖値を一定に保つためには、起きてから30分以内に何か食べるべき」と、世界中にいる開発者やデザイナーと、モバイル&ウェブプロジェクトとを結ぶサービス「ooomf」の共同創立者であるMikael Cho氏は言います。血糖値が乱高下すると、一日を通じて安定したエネルギーを発揮できない上に、朝食を抜くと昼ご飯に食べる量が増えるとの研究結果もあります。以下、メインの1品から付け合わせまで、いくつか紹介しますので、ピンときたもので朝ごはんのメニューを組んでみてはいかがでしょう。

フライパンでつくるグリルドチーズサンド

グリルドチーズサンドと言えば、アメリカではホットサンドの定番メニュー。料理ブログ「Serious Eats」でJ. Kenji Lopez-Altさんが、必ず美味しくできるグリルドチーズサンドの作り方を紹介していました。ポイントは、パンを両面焼いてからチーズを挟むことのようです。

まず、バターを付けた2枚のパンを焼きます。両面がこんがりと茶色になってから、香りがよく、とろけるスライスチーズを乗せ(あれば粉チーズもふりかけて)挟みます。チーズは茶色の面で挟まれることになりますが、これでバターの風味がパンにより染み込むだけでなく、チーズもよりとろとろになります。コツは、低温でゆっくりとチーズを溶かすこと。また、バターは無塩バターではなく、有塩バターを使いましょう。もしくは、ほんのひとつまみの塩を振ってもいいです。

ちなみに、バターは温めたコップを使うとすぐ柔らかくなります
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ライフハッカー[日本版]

この連載について

初回を読む
楽しい毎日のつくりかた

ライフハッカー[日本版]編集部

生活術や仕事術など「ライフハック」に関する情報を日々お届けしているブログメディア「ライフハッカー[日本版]」の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をテーマごとにまとめて紹介していきます。(隔週土曜日更新) ライフハッカー[日本版]

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

inshisae https://t.co/11vgqKGww1 1年以上前 replyretweetfavorite

droit_francais 残っている材料でグリルドチーズサンドは作れるかな。明日の朝食にしよ 約4年前 replyretweetfavorite

miki_524 自己管理さえも出来ないから 本当に困っている 4年以上前 replyretweetfavorite

tmybj NowBrowsing: 4年以上前 replyretweetfavorite