第8章 本当の自由とは何なのか Vol.3 すべての人に燃える勇気を

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れなくなったプロブロガーの仕事術を公開する本『なぜ僕は「炎上」を恐れないのか』が2月18日発売決定! 臆病だったぼくにもできた。だから、あなたに「今」その勇気がないのは、絶対にあなたのせいじゃないんだ ――。全原稿を月・木の週2回で連載。

▼初回~前回までの記事を読む

善良な人が害悪になる

 多くの人が、自分の善悪感覚に則して行動し、ときには空気やルールを無視できる「自由な人間」になれば、もっともっと生きやすい世の中になるとぼくは考えています。
 裏を返すと、この社会が生きにくい理由は、多くの人が「善いこと/悪いことを、自分で判断することができず、他の人の顔色を見ないと行動を起こせない状態」、つまり「不自由な状態」にあるからです。
 というのも、不自由な状態にある人たちは、得てして自由な人々に対して、攻撃的、排他的になるのです。やりたくもない仕事をしているサラリーマンが、夢を追っているフリーターや、経済活動を厭うニートを嫌い、バカにすることで溜飲を下げるという例がわかりやすいでしょうか。
 不自由な人たちは、ルールに則して生き、それを絶対視しています。会社の規則を破ること、法律を破ることなんてとんでもないと考えます。そして、「会社の規則がうるさくてさ……」「この法律はおかしいだろ……」と、居酒屋の隅っこで愚痴を漏らしながら、規則を遵守します。
 それだけならいいのですが、彼らはルールを逸脱する人たちに対して、しばしば嫉妬まじりの攻撃を加えます。いわく、「俺たちは我慢してルールを守ってるんだから、お前もルールを守れよ!」「迷惑なんだよ!」と。

 哲学者の中島義道氏の『不幸論』(PHP新書)には、以下のような記述があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
なぜ僕は「炎上」を恐れないのか—年500万円稼ぐプロ・ブロガーの仕事術

イケダハヤト

空気なんて読まなくていい。人に嫌われてもいい。友だちなんていらない。そんな「覚悟」が人生を変えてくれる――容姿や能力に自信が持てず、他人の目ばかりを気にしていたぼくが、なぜ「今」勇気を持てているのか? 何者でもないのに、何者をも恐れな...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません