ヘイト・クライム(憎悪犯罪)は誰が起こすのか

憎悪という感情は、気をつけていないと誰でも持ちうるモノです。それを野放しにしいていくと、どうなるのか?どんな人が憎悪犯罪を犯すに至るのか?

 もう、13、4年ぐらい前のことでしょうか? ある在日韓国人の後輩に、「人種差別を感じることってある?」って何の気なしに訊いたことがあります。まだ「嫌韓」なんて言う言葉を耳にすることもなかった頃の話です。

 その後輩は、苦笑いをしながらこう答えました。「そりゃありますよ〜〜。」そして彼女が話してくれた差別体験の心ない人々からの中傷の数々。それは日本人として実に聞き苦しいものだったのです。

 彼女の話を聞くうちにふと思い出したこと、それは30年ほど前に初めてアメリカに住んだ頃に体験したいくつかの苦い思い出です。過ぎ行く車から蔑称を投げつけられたり、自転車に乗っていたら、ボールをぶつけられたことさえありました。ごく一部でしたが、学校でも面と向かって差別発言をする同級生も存在しました。

 アメリカでは今でも、9・11の影響でアラブ系の人々に対する差別が存在しますし、また最近では、メキシコからの移民に対する差別も大きな問題となっています。女性への差別も完全になくなったわけではありません。

そして確かに差別は減った
 それでもアメリカは、かつてよりもずっと住みやすい国です。僕が現在住んでいるのがカリフォルニアということもありますが、ここ12年ほどの間に人種のことで嫌な思いをしたことがありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
IT時代の未来〜それはユートピアかディストピアか?

松井博

現在、IT革命によって世の中の仕組みが急速に変わりつつあります。産業、政治、就労、コミュニケーション…… 影響を受けない分野はありません。未来はどうなっていくのか、こうした時代が私たちにどんな選択を迫ってくるのか、元アップル管理職の松...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taluru セクハラ、パワハラ。無能な上司。 4年弱前 replyretweetfavorite

tadokoro 「ヘイト・スピーチを許していると、無知で自尊心の低い若者が徐々に感化されていくのです」 「こうしたことを野放しにしておくと、ジリジリと少しずつエスカレートし、やがて凄惨ないじめや犯罪へと繋がっていきます」 http://t.co/kIgNi47w9s 4年弱前 replyretweetfavorite

psy10de クー・クラックス・クランとか思い出します 4年弱前 replyretweetfavorite