ヘイトスピーチは取り締まるけど、嫌韓厨も議論に参加する権利はある。

いま日本でなぜ嫌韓・嫌中のムードが高まっているのか。ドワンゴ会長・川上量生さんの結論は、反日政策への反発として仕方がないというもの。しかし感情的に嫌って終わりではなく、それぞれの立場の意見を出し合って議論することが大事だという態度を貫きます。そんな川上さんが、韓国人・中国人にも、反日という立場だけでは片付けられない複雑な思いがあると気づいた、ある出来事とは。

嫌韓・嫌中は、反日政策のカウンターとして当然の流れ

川上量生(以下、川上) そうそう、前回のネットの右傾化の話に関連して、嫌韓・嫌中の流れについても、僕の考えをちょっと話します。
※ 韓国・中国を対象とした、嫌疑・嫌悪などの感情を表す用語

— おお。どんな話でしょう。

川上 まず、韓国や中国の歴史について調べてみたら、やっぱり大前提として、韓国にも中国にも日本は過去にひどいことをしたのは認めざるをえません。

— はい。それは事実ですよね。

川上 そうです。確実に。具体的に何をしたのかとかその程度など、いろいろ不明な部分もありますが、ひどいことをしたのは事実です。それに対して、韓国・中国の人が怒るのは当然です。でも、そうだとしても、彼らがなぜここまで執拗に反日行動をとるのかというと、それは、国内の不満をそらすための政策なんですよ。

— ああ、中国は間違いなくそうですね。

川上 韓国もですよ。要するに、日本を攻撃することが、政権維持にとって得だからやってるんです。計算した上で、ゲームとして反日政策を仕掛けているわけですね。だったら、日本も得か損かを考えて振る舞うべきだと思います。

— 感情に振り回されずに。

川上 感情的に反発するのは、心情としては理解できますけどね。感情だけで動くのは、違うと思います。で、得か損かで考えると、隣国ともめても何もいいことないですから、関係を良くするほうが得なんです。

— たしかにそうですね。

川上 ただ、韓国・中国が政策的に仲良くする気がない以上は、無理に仲良くしようとしてもうまくいかないでしょう。向こうは必要性があって日本に攻撃的な態度をとっているわけですから。だとすると、こちらが取るべき態度はどんなものか。それは、「日本を攻撃するのは損だ」と思う程度に反発することなのではないでしょうか。

— ああ。でも、反発したとして、向こうはそれを損だと思ってくれるのでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
川上量生の胸のうち

川上量生

「おおっぴらに書くと炎上しそうなことも、ケイクスでなら言える」そんな風に語るのは、ドワンゴ代表取締役会長、スタジオジブリ所属、アニメーション製作のカラー取締役、KADOKAWA取締役と日本のメディア界で幾つもの重要な役割を持つ川上量生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

id_hoven 川上 日本を攻撃することが、政権維持にとって得だからやってるんです。計算した上で、ゲームとして反日政策を仕掛けているわけですね。だったら、日本も得か損かを考えて振る舞うべきだと思います。> / “【第13回】 約2年前 replyretweetfavorite

Simon_Sin 社長がヘイトスピーチに宥和的ですから https://t.co/wUxE7vdtfJ #ss954 https://t.co/VjIwByAX5m 約2年前 replyretweetfavorite

unicoder kawango? http://t.co/gaILwjKsBP http://t.co/TAquGAUThK http://t.co/fsrzTPh2YB https://t.co/PRlIZQIYdp 2年以上前 replyretweetfavorite

kenkanchan #嫌韓 #Korea #FollowMeJp #_RSS 2年以上前 replyretweetfavorite