STAP細胞問題が明らかにした、科学技術立国・日本の衰退

個人の意見や行動を優先する者は不穏分子とみなされて、社会から徹底的に叩かれ排除されてしまうのが、日本の集団主義文化。そのルールを利用した完璧な会見をした小保方氏は、当初の劣勢をひっくりかえし、世論の支持を受けだしています。しかし、研究者が犯した過ちをそう簡単に許していいのでしょうか?

小保方氏を守る集団の掟

前回の連載では、日本の人々が小保方会見に「感動した」「カワイソウだ」と連発し、納得してしまった理由には、集団主義(collectivism)文化圏においては、その人個人の主張や信念、事実よりも、その人が「属性に従って行動したか」「属性に期待される発言をしたか」が重要であると説明しました。

一方で、この人達の反応からわかることがあります。つまり、彼らが最も恐れることは、自分の期待しない発言や行動をとる不穏分子であり、社会の構成を乱すものなのです。その不穏分子の言っていることや、やっていることが、仮に人類に貢献することであり、誠実なことであっても、自分の期待する行動でなかった場合は許されることではないのです。

そういう不穏分子は、徹底的に叩き、社会から排除するというわけです。

排除の手段は様々であり、ネットでの嫌がらせ、村八分、意見に反対する、行動を妨害するなどです。職場や学校で斬新な意見を出す人が嫌がらせをされたり、ネットで人と異なったことを書く人が叩かれたりする場面を目にしたことがある方は少なくないのではないでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ree_naxx 同調して可哀想って言っておけば自分に被害が及ばないと思ってる日本人って世界にはバレテる。恥 約4年前 replyretweetfavorite

aotea27jp #笹井先生に質問 約4年前 replyretweetfavorite

GotTerritory 空気でなく事実に焦点を当てて議論しようよ、というね< 約4年前 replyretweetfavorite

uvcuts 不穏分子を恐れる日本社会 約4年前 replyretweetfavorite