STAP細胞問題が浮き彫りにした、日本人の「集団主義」

小保方晴子氏の会見に対する、日本と海外での反応の違い。その背景には、「集団主義」と「個人主義」という、両者の文化の差異がありました。相手の発言に対して、表面的な意味以上の「感情」を読みとろうとする集団主義の人々に対して、個人主義の人々の物の見方は、いったいどれほど違うのでしょうか。

「感情を読みとる」集団主義文化

前回の連載では、日本は集団主義(collectivism)文化圏に属すると指摘しました。集団主義(collectivism)文化圏に属する国は日本だけではなく、東アジアや東南アジアの国々、南アジア、中東、ロシアなどが含まれます。

一方、その反対の文化圏は個人主義(individualism)であります。この文化圏では個人同士は「倫理」「普遍の原則」「イデオロギー」などの原理原則でつながり、緩やかに繋がった個人同士が社会活動を営みます。肩書きや年齢、性別、地縁、血縁などの違いに対しては緩やかかつオープンであり、むしろ、原理原則が異なる集団に対しては排他的であります。また、個人の自由な発想や活動の「結果」が重視され、他人と自分が同じであることや、ある集団の人々が同じように振る舞うことを期待することは稀であります。

さらに、因習や慣習への尊敬は低く、個人が自分の信念にそって活動することが重要とされます。重要なのは「個人」であり「集団」ではないわけです。この様な文化圏に属するのは、北米、北欧州など実は世界的に見ると小数派でありますが、先進国の多くはこの文化圏に所属していることが特徴です。

集団主義の文化の人々と個人主義の文化の人々とは、コミュニケーションの方法が異なります。集団主義の社会は、人々の関係性が親密であり、その行動は、因習や慣習、所属集団のルールによって縛られているので、発言や行動はある程度予測できるものなのです。従って、お互いが細部まで表現しなくてもメッセージが伝わるというハイコンテクスト文化なわけです。

一方、個人主義の文化は様々な個人が自由に交流する社会であり、個人個人が自分の信念に沿って行動し、発言するローコンテクスト文化です。従って、この文化圏の人々は、自分の主張したいことや気持ちを、「表現しなければ相手は理解しない」という前提の元で詳しく表現しようとします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

May_Roma 今から六時間無料で読めます!→イギリス在住のMay_Romaさんが「日本に縛られない生き方」を語る国際派コラム。 4年弱前 replyretweetfavorite

cafe_petit 私はかなり個人主義的なんだと思う。「想像力」を強要されることが苦手だしな 4年弱前 replyretweetfavorite

chieko_hk そっかぁ「信頼出来る」人の方が多いんだ。判断力ないわ〜 4年弱前 replyretweetfavorite