放射線・皆殺し映画通信・ル=コルビュジェ

今回は、中西準子『原発事故と放射線のリスク学』(日本評論社)、柳下毅一郎『皆殺し映画通信』(カンゼン)、ミシェル・カルージュ『独身者機械』(東洋書林)、ル・コルビュジェ『パリの運命』(彰国社)、レイモンド・フィスマン、エドワード・ミゲル『悪い奴ほど合理的』(NTT出版)などが論じられています。放射線とリスクに関連して言及されている、田崎晴明『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』(朝日出版社)、ロバート・ピーター・ゲイル、エリック・ラックス『放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ』(早川書房)、菊池誠、小峰公子『いちから聞きたい放射線のほんとう』(筑摩書房)も気になりますね!

新年度がはじまって、会社の机の移動とかでバタバタしております。みなさんいかがお過ごしでしょうか?

今回は、残雪の新刊とカブレラ=インファンテ『TTT トリオのトラのトラウマトロジー』(現代企画室)をやろうと思ったけれど、どちらも長い! なかなか読み終わらないし、また背景知識をまったく持たずにジョナサン・スタインバーグ『ビスマルク』(白水社、上下)を読み始めるという無謀なことをしてしまったために、他のものが何も進まない。

ちなみにこの『ビスマルク』、上下巻で800ページにもなる大冊で、読んでいくうちにいろいろ背景もだんだん頭に入ってくるだろうと思ったんだが、長いだけに記述が詳細なので全体像をつかむのに一苦労。そして結局ビスマルクがなぜ王さまたちに気に入られたのか(著者はそれがビスマルクの権力の秘訣だったというんだが)どうもよくわからないのだ。

それを中断して読んだのが、まずは中西準子『原発事故と放射線のリスク学』(日本評論社)。これはすばらしいよ。原発事故にともなう放射線の影響については、多方面の努力でやっとデータも集まってきた。でも危険をいいつのる人は、相変わらずガン多発とか政府が実態を隠しているとかデマと陰謀論に走る人も多いし、一方で安全だといいつのる人も、何をどういう考え方で安全と言えるのか、定見のなさそうな人々がたくさんいる。そしてどっちもやたらに教条的になって、現実的な解決—とまではいかずとも対応策の確立と、それにも増して重要な安心感の確立をかえって阻害する結果になっている。

原発事故と放射線のリスク学
原発事故と放射線のリスク学

実際に人が行動するには—そして政策的な対応をするにも—どっかで線を引くとか、それに基づいてそれなりに対応費用をはじくとかしなくてはならない。でも、それをやろうとすると、これが両側から叩かれる。絶対安全派は、線を引くのは危険があることを認めることだと言って怒るし(さすが現在、こと放射線問題に関してはこれを公然と言う人はあまり見かけないが)、絶対危険派は、線を引くのは他の被害者の切り捨てだ、線自体が恣意的だと怒る。おかげでみんな、この絶対に必要な作業をやろうとせず、するとそれをやるのはみんなの大嫌いな官僚が密室のお手盛りでということになりかねない。

この本は、中西準子のこれまでの一連の著作と同様、それをリスク学の観点から具体的にすすめようとするものだ。放射線のリスクというのは、他のあらゆるリスクと同じく程度問題だ。どっかに絶対的な白黒の線があるわけではなく、このくらいならまあ我慢できる、ここから先はちょっと無理、という漠然としたものがある。でもその漠然としたものをどうまとめ、どう根拠づけて客観的なものにしていくのか? 本書はそもそもの放射線の持つリスクの基礎的な解説からはじめ、まがりなりにも方向性を出す。除染についての費用もはじく。

ぼくは本書に書かれたことすべて、きわめてまっとうだし説得力があると思っている。でも重要なのはその最終的な答えじゃない。そこに到るまでの考え方だ。そしてこれがダメだと思うなら、具体的には何をどう進めればいいのか? 本書をたたき台にしてみんな考えることができる。そして本書は、それをしてこなかった多くの学問分野(および政策立案分野)の人々に対する静かな批判でもある。本書で扱われたような内容は、これまであちこちでタブーとして触れないのがお約束になっていたという。わざわざ火中の栗を拾いに行くのはみんないやだ。でもそれができないようでは、何の学問か、何の研究、何の政策立案か?

本書は経済学や放射線生物学分野の研究者、そして現場の自治体職員にも話をききつつ、曲がりなりにも総合的な見通しを描き出す。本当なら、この本は福島原発事故とその後の対応に関心のある人みんな—ということはつまり全日本人—に読んでほしいところ。みんなが多少なりとも本書にある考え方を取り入れるようになって、はじめて原発事故のまともな処理についての議論ができるようになるんだから。

ちなみに、本書で除染をはじめとする費用の考え方について中西と対談しているのは飯田泰之。飯田は経済学ではリフレ派の主要論客の一人なんだけれど、中西は飯田と対談したところ「中西もリフレ派なのか」と言われたとか。そんなところにまで、自分の世界のくだらん派閥の関係や力学が及んでいると思う人がいるんだね、と感心するとともにがっかり。

ここでいうリフレ派は、この連載でも何度か紹介しているけど、単に大規模な金融緩和とその継続のアナウンスでインフレ期待を作り出す政策を支持する立場というだけのこと。だから、各種場面で互いに便宜をはかるために徒党を組んでいる派閥ではないんだが、自分がそういう派閥力学で生きている人々は、それ以外のものが想像できないみたいだ。でも、おそらくそういう心根も、中西の言う「タブー」を生む一因なんだろう。

なお、ぼくにとっては本書での放射線とリスクの説明のレベルは最適なものだったけれど、これではむずかしいという人もいるだろう。以前に自分のブログで紹介した田崎晴明『やっかいな放射線と向き合って暮らしていくための基礎知識』(朝日出版社、webページでも公開されている)、ロバート・ピーター・ゲイル、エリック・ラックス『放射線と冷静に向き合いたいみなさんへ』(早川書房)、それでもまだむずかしければ菊池誠、小峰公子『いちから聞きたい放射線のほんとう』(筑摩書房)でベースを押さえておくと、いろいろ見通しがよくなる。

ちょっとまじめな話で疲れたので、お笑いを一席。柳下毅一郎『皆殺し映画通信』(カンゼン)。柳下が有料ウェブマガジンでやっている、現代の無数にあるクズな邦画を中心に紹介し、そのストーリー、製作、演技、構成、何から何までのあまりのしょうもなさに徹底的に突っ込みをいれているのをまとめたもの。いやあ、映画館でときどき予告編だけ見たあの日本映画(たとえば、国連本部で世界初のロケしたとかいうやつ〔『人類資金』〕)って、こーんなスッゲー代物だったんですねー。観に行かなくてよかった(ってもとから行く気なかったけど)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ukifune1974 @tigercatver2 そして当然、件の『山形浩生』も「放射“脳”連呼」をしていた。 そして当然、山形浩生は菊池誠の本を称賛する。 https://t.co/02EZQMf7C6 3年弱前 replyretweetfavorite

710_Hiroki 中西準子「 4年弱前 replyretweetfavorite

Taizaw 中西準子さんの書籍 『原発事故と 4年弱前 replyretweetfavorite

tsubu_02 「いちから聞きたい放射線のほんとう」「原発事故と放射線のリスク学」 書評 http://t.co/zLdFKzQwYP https://t.co/E8asovZ0ii 4年弱前 replyretweetfavorite