いつかティファニーで朝食を』食べたなら—薄気味悪い書店員のオススメ

有楽町の三省堂書店は、世にも不思議な謎に満ちている。そこに迷い込んだお客は、いつの間にか本を手に取りレジに並んでしまうという――。カリスマPOP職人であり、人気書店のTwitterの中の人として知られる書店員・新井見枝香さんの愛と妄想が炸裂した書評をお届けします。今回は、実際の朝ごはんの名店を巡りながら、いまを生きる女性たちが描かれる人気漫画『いつかティファニーで朝食を』です。

 有楽町駅前の三省堂書店には、占いコーナーがある。しかし店内案内図には何も記されていない。

 2階の一番奥、医学書コーナーにある作りつけの棚の一辺をグイと押すと、忍者屋敷のように回転して、薄暗い占いコーナーへと飲み込まれる。

 今日も悩める誰かが、にぎわう店内で、グルンっと飲み込まれた。



 とても普通ではない状況だが、目の前で微笑む女性は慣れた雰囲気で手招きをしている。

「いらっしゃい。どうぞお掛けになって」

 口調はそれっぽいが、格好はいたって普通の書店員だ。胸には「新井」と名札が付いている。布張りのテーブルには、4冊の本が並んでいた。

いつかティファニーで朝食を 1 (BUNCH COMICS) いつかティファニーで朝食を 2 (BUNCH COMICS) いつかティファニーで朝食を 3 (BUNCH COMICS) いつかティファニーで朝食を 4 (BUNCH COMICS)

「どれか一冊、直感で」

 タロットのように選び取れということか。しかしどれかといっても、どれも『いつかティファニーで朝食を』というマンガだ。1巻から4巻までの4冊。

「ふふふ、まだこれ読んだことないでしょう? 顔に書いてあるわ」

 その通りだが、そんなドヤ顔されても。アラサーにもなってこんな少女マンガ、読むわけがない。今日は、上司に薦められたビジネス書を買いに来た。

「顔色が悪いわね。ちゃんと朝ごはん食べてる?」

 今朝は布団から出ずに、コンビニのおにぎりをペットボトルのお茶で流し込んだだけだ。同棲している彼氏は、ソファで胃をさすりながら煙草を吸っていた。

「ふ~ん、あなたは、このマンガでいうところの、まりちゃんね」


『ティファニーで朝食を』1巻より

 それぞれの章で別の女性が主役になるが、まりちゃんは1巻目の第1話で、恋人に別れを切り出すのだと言う。

「ふたりそろった朝に、きちんとした朝食をとらない関係は、長く続かないわ」

 むくんだ顔で、朝の挨拶もせず、別々のものを食べて、見送りもない。いってらっしゃいのキスをしたのなんて果たして何年前だろうか。

「まりちゃんはね、ずっと行ってみたかった近所のカフェでお友達とおいしい朝食を食べて、そこで彼とは別れようって決意するの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
なぜ有楽町の三省堂書店は手ぶらで帰してくれないのか

新井見枝香

有楽町の三省堂書店は、世にも不思議な謎に満ちている。そこに迷い込んだお客は、いつの間にか本を手に取りレジに並んでしまうという――。カリスマPOP職人であり、人気書店のTwitterの中の人として知られる書店員・新井見枝香さんの愛と妄想...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KindleJPComics はてなブックマーク「漫画」タグ新着エントリ: 4年弱前 replyretweetfavorite

yrakch_sanseido ムフフ…“@sawada_naoko: いつティファ、読みたくなった!” 4年弱前 replyretweetfavorite

sawada_naoko いつティファ、読みたくなった! 4年弱前 replyretweetfavorite

nkg_13 妄想書評連載"なぜぶら”本日更新です。有楽町の三省堂で起こる怪奇現象とは?今回からおまけコーナーつきですよー! #fb 4年弱前 replyretweetfavorite