セックスをする男、そこまでいたらない男

bar bossa店主・林伸次さんのコラム連載、今回は男性必見のセックスのお話。女性をお酒に誘うことができても、そこから男女の関係になるまではなかなかむずかしいものです。しかし林さんがお店に来ているお客さんを観察していると、”必ず”そこまで持ち込める人がいるのだとか。さて、それはどんな人なんでしょうか?

セックスをする男、そこまでいたらない男

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

お店にいつも違う素敵な女性と来店する男性の常連さんがいまして、ある日、その方が珍しく男性と来店したので「いつも羨ましいです。もう身体ももたないんじゃないですか」なんて軽口を言ってみたんですね。

するとその方が「あれ、林さん、僕が彼女たち全員と寝てると思ってます?」と答えたんです。彼からしても「もちろん彼女たちとセックスできるんだったらやってみたいけど、そんなに簡単にはできない」んだそうです。

なるほど。そりゃそうですよね。全員とそんなことやってたら何かと大変だよなあ、なんて思ってたら、逆にこんなケースを聞きました。

既婚男性でちゃんとした会社でお勤めの方で、「お仕事相手の女性」って感じの方たちと「お仕事の延長で」という雰囲気で飲みにくる方がいるのですが、その方は「ちゃんと寝る」のだそうです。

その事実もまたすごく意外でした。その方の印象はそんなに遊び人という感じではなく、どちらかと言えば誠実で熱血漢という感じだったからです。

同じ下心を持ってお酒を飲んでいても「セックスまでいたらない男性」と「セックスをする男性」との違いって何なんでしょうか。やらない男性がただ「チキン」なだけなのか、その2種の男性の違いが何かないのか、と思って観察してみました。

すると、あることを発見しました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ransel_boy 面白い。笑 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ImageMansion https://t.co/xGsvdomtxb 2年以上前 replyretweetfavorite

momo_0327 |林伸次 @bar_bossa |ワイングラスのむこう側 おもしろかった。あと、日常的にスポーツやることで恋愛でフットワークが軽くなるというのは、女にも言えることでは。。。とも。なんとなくですが https://t.co/Jns5AJRMTM 2年以上前 replyretweetfavorite

tokyosisters69 "「自分の話を女性が興味があるなし関係なく進められる人」が、結構女性と 3年以上前 replyretweetfavorite