DV男にカウンセリングする女とAV女優にカウンセリングする男 信田さよ子対談1

4月10日に新刊『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』を発売する二村ヒトシさん。こちらは二村さんが以前出版した『恋とセックスで幸せになる秘密』の文庫版ですが、新規に70ページ以上を収録。さらに、特別付録として、臨床心理士・信田さよ子さんとの対談が実現。そこで、今回『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』内に収録されているお二人の対談を抜粋し、紹介します。

二村ヒトシ、信田さよ子先生に会いに行く

信田さよ子(以下、信田) 二村さんの『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(文庫ぎんが堂)は、ずっと思っていたことが端的に書いてあって、とても怖い本だと思いました。


『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』(文庫ぎんが堂)

二村ヒトシ(以下、二村) え、怖かったですか?

信田 褒め言葉ですよ。心理学や精神分析や社会学なんかで難しく言われていることを、 「心の穴」とか分かりやすい言葉で表現している。定義する言葉を等身大にまで降ろしてきているところが、私はありがたく、すごくいいことだと思いました。

二村 どうもありがとうございます。この本の読者にも信田さんのご著書を読んでいる方はたくさんいらっしゃると思うんですけど、実際にカウンセリングを受けるにはまだ抵抗があるという人が多いようなので、まずは、信田さんのお仕事、カウンセリングや活動はどんなふうにされているのか、というのをおたずねしたいんですが。

信田 一般的に日本では、気分が落ち込むと眠れないとかいう状態になると「まず精神科へ……」って考えられがちですよね。でも私たちは1995年から、 医療システムの外で、 治療ではなく問題解決を目的としてカウンセリングを実施してきました。

二村 対象はどんな方々なんですか?

信田 対象としては、アルコール、薬物、ギャンブルといった依存症、そして摂食障害の本人やその周辺の家族ですね。 夫がすごく酒を飲んだり、 彼氏が薬やっちゃってても、たいてい本人はカウンセリングに来ないんですよ。だから家族の相談はすごく重要なんです。21世紀に入ってからはそれに加えて暴力。暴力というのは、夫婦や恋人間の暴力、親からの虐待で、最近多いのは性暴力ですね。ここ10年ぐらいは『DV加害者プログラム』をやったりもしています。

急増するカウンセリングに行く男たち

二村 まず相談に来られる方は女性なんですか?

信田 8割方そうですね。

二村 問題を起こした男性本人は自らは来ない?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
キモい男、ウザい女。

二村ヒトシ

アダルトビデオ監督・二村ヒトシさんが、男女の関係性を探り、自分自身を語っていく連載です。現代の日本に生きる私たちほぼ全員が「キモチワルい男」であり「めんどくさい女」であるという、恐ろしすぎる【見立て】からはじまるこのお話。なぜ現代の恋...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nekomansion 精神科があまりに酷いという現状はもっと知られるべき。大抵の精神科医は薬漬けにするだけで、治そうなんてハナから思ってないです。"@nimurahitoshi:対談・信田さよ子×二村ヒトシhttps://t.co/BNDYB4YIJ3" 4年以上前 replyretweetfavorite

orustet69 「男は「インチキ自己肯定」をすることが多くて、自分がつらいことにずっと気がつかなかったりしますよね。」 ふむふむ。 https://t.co/A6O7lnJ9Q8 4年以上前 replyretweetfavorite

nimurahitoshi 『DV男にカウンセリングする女と、AV女優にカウンセリングする男』対談・信田さよ子×二村ヒトシ cakes(ケイクス) 【】 https://t.co/TG9xtmUpQt 4年以上前 replyretweetfavorite

minoru_ohashi 「傾聴されず薬漬けはイヤ。カウンセリングの方が安上がりかも」は自然な流れ。  4年以上前 replyretweetfavorite