高校生がまともなビジネスプランを作れるのか?

ビジネスアイデアを練り、プレゼンして競い合う「ビジネスプラン・コンテスト」。社会人や大学生を対象としたものは数多く行われていますが、先月、高校生を対象にした「冬の未来創造甲子園」というコンテストが行われました。その最終審査員として参加したという川上慎市郎さん。正直期待していなかったそうなのですが、結果はどうだったのでしょうか。

3月31日、東京・本郷の東京大学で開かれた「冬の未来創造甲子園(Next Entrepreneurship Summit)・最終審査会」というイベントに、参加してきました。

このイベントは、おそらく日本で初めての「高校生のビジネスプラン・コンテスト」です。主催は一般社団法人リビジョンという、法人としては今年1月に設立されたばかりの団体ですが、慶應義塾大の鈴木寛教授(元民主党衆院議員)のゼミ生である斎木陽平氏が呼びかけて開かれたものです。参加者だけでなくイベントの代表者も運営も、すべて公募で集まった高校生たちが担っていました。

私は、このイベントに協賛する企業・団体(グロービス経営大学院)の代表として参加したのですが、正直言って最初にこのイベントの話を聞いた時、「いくら何でも、高校生にまともなビジネスプランは作れないだろう」と思いました。

実際、それまでにも社会人や大学生のビジネスプラン・コンテストにいくつも参加したり、審査員を務めたりしたことはありましたが、率直に言って大学生のビジネスプランというのは、社会人のそれに比べて数段劣るという実感がありました。

というのも、既にビジネスをしている人とそうでない人の間には、「お客様からお金を受け取れるだけのモノやサービスを提供するとはどういうことか」について、かなり大きな認識ギャップがある、と感じることが多かったからです。

なので、「大学生なお未熟なり。いわんや高校生においてをや。まあ、『よく頑張ったね』ぐらいの褒め言葉をかけてあげるだけで十分かな」と、どこかの漢文訓読の例文のような言い回しを思い浮かべながら、当日東京大学に行ったのでした。

先入観を裏切ってくれた高校生たち

この私の先入観は、イベントの中で高校生のチームが次々と壇上に立って自分たちが3ヶ月間で考えたプランをプレゼンするのを聞いていくにつれて、完膚無きまでにぶち壊されることになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

reijiyamanaka 審査員として参加した川上講師。事前研修を担当した高原講師。身内ながら、心から敬意を表したいと思います。 http://t.co/Z9Nv9rnqWn 約4年前 replyretweetfavorite

nishiaratter まだ読んでないけど、面白そう。“@cakes_PR: 先月、高校生を対象にした「冬の未来創造甲子園」というビジネスプラン・コンテストが行われました。 https://t.co/sgsYaKjVyO” 約4年前 replyretweetfavorite