第12回 春

ロロの案内で、無事ライブハウスにたどりついた未来と理真。響のことが少しでもわかるとよいのだけれど…。

ボーカロイド楽曲の卒業ソング『桜ノ雨』をモチーフにした小説シリーズの完結編『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、一部を公開します。
♪『桜ノ雨』動画はこちらから♪


『桜ノ雨』 作詞作曲:halyosy

ロロの言う通り、例のライブハウスは歩いて五分程度の距離にあった。外観は想像していたよりも現代的な建物だ。 
 ロロはスタスタと地下に向かう階段を降りていき、入り口の防音扉を「ちわース」と引っ張る。
「か、勝手に開けちゃっていいの?」
「ああ、大丈夫スよ。俺、ここの店長と知り合いなんで」
 店内は薄暗かった。まだ準備中なのかもしれない。もう一度声をかけると、通路奥にかかっていたカーテンが少しだけ開いた。
—客入れは八時からなんですが」
 カーテンの隙間から男性の声が聞こえる。
「どうも。ご無沙汰です」
—ん? あ……、ロロさん?」
 薄暗いので顔ははっきり見えない。だが若い男性のようだ。テノールとバスの中間くらいのいい声だ。
「少しだけ時間いいスか? ちょっと頼まれごとがあってきたんだけど」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桜ノ雨 僕らはここで会おう

雨宮ひとみ /halyosy

もしも初音ミクが音楽教師だったら…。 卒業ソングの定番ボーカロイド楽曲として、250万回以上の再生回数を誇る『桜ノ雨』。この名曲のノベライズ第3弾にあたる『桜ノ雨 僕らはここで逢おう』の発売を記念して、その一部を公開します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません